2007年01月31日

ヒッチコック的風景

鳥の話題もう1つ。
ヒッチコックの映画、「鳥」を思い起こさせる風景。
清川から松山に抜ける道沿い。


手前の電線も、奥の電線も、カラスがビッシリ。  


Posted by bin at 22:01Comments(1)

2007年01月30日

角川春樹さん講演



角川春樹さん講演を聞く機会がありました。
紹介コピーが、「破壊と創造の奇才」。

2001年麻薬取締法違反で、収監。
その間に、悟ったのこと。それは、
「人間は、自分の人生ゲームの中で楽しむために生まれてきた」。
「それ以外ない」と断言してました。
また、裏切りと支えとを経験し、
「お返しと仕返しは早いほうがいい」と笑いを呼んでいました。

「男たちの大和/YAMATO」の制作秘話や、モンゴル建国800年記念の
日蒙合作映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで」の紹介など聞けました。
「ハリウッドに対抗して、アジアから世界に発信できるのは角川さんしかいない」との評価。
「蒼き狼~地果て海尽きるまで」は、3/3封切り。
見に行かなきゃ。  


2007年01月29日

植物工場デモ

PASONA O2(パソナ オ-ツー)

イネのほかにも、花や野菜、ハーブなどいろいろの植物が地下で栽培。
発光ダイオードや光源の種類の違い、土壌の違い、水耕栽培などさまざまの条件。

発光ダイオードによる光の波長の違いの比較


トマトの水耕栽培
 




茄子



全部、光の届かない地下室。  


Posted by bin at 23:50Comments(1)日記/一般

2007年01月29日

地下の稲作

東京駅近く、地下鉄大手町駅前、野村ビル。東京都内のど真ん中。
このビルの地下2階で、人材派遣会社[PASONA]が稲を栽培しています。
就農支援ということで、農業の可能性を探ることと、都会の人たちにもっと
農業を身近なものに感じてもらうための試みだそうです。
太陽光線の届かない地下で植物栽培しています。


このビルの地下で植物栽培が


イネのアップ画像
  


Posted by bin at 00:07Comments(2)日記/一般

2007年01月28日

フユザクラ

都内の「フユザクラ」。
画像は春だけど、空気はまだ冷たい。


  


Posted by bin at 06:48Comments(2)トラベル

2007年01月28日

朝の皇居

出張です。
皇居を散歩しました。
  


Posted by bin at 00:07Comments(1)日記/一般

2007年01月27日

ちょっと幸せ

正月、「安藤百福」さんが亡くなったときのブログで取り上げたカップヌードルミニ。
通常は「非常食」として常備。
山仲間の中には、
「お湯がないと食べられないのは非常食として不適」という人もいるが。

今回の二の滝、真冬の山にしてはとても暖かだったし、
冬山装備だったので、食料も十分準備。
残り2時間近くの下りがあるけど、二の滝駐車場の「滝見庵」で、くつろぎ。
非常食のミニカップヌードルを取り出して・・・。食べました。
下界にいて、カップ麺を食べても特別の感動はないけど、
こういう場面で食べると、「至極のとき」になる。
何でも、TPOで「ありがたみ」は変わりますね。


  


Posted by bin at 00:33Comments(5)アウトドア

2007年01月26日

くま?

熊さんは冬眠中のはず。



看板でした。  


Posted by bin at 23:52Comments(0)アウトドア

2007年01月26日

あしあと

動物たちは、雪の中でも活発に活動中。






私のあしあと
  


Posted by bin at 00:42Comments(2)アウトドア

2007年01月25日

鳥海山、「一の滝」

鳥海山の「二の滝」の帰り、立ち寄り。
行くとき(往路)は、「三の滝」に向かうルートを使用。
夏道はわかりにくい。標識も不明。
GPSをフル活用。
復路に「一の滝」ルート。
こっちが楽。



  


Posted by bin at 23:50Comments(0)山形の滝

2007年01月24日

大変!

大変なことに気がつきました。
楽しみにしていた、1/28(日)に開催される
「ふしぎ!!でんじろう新春サイエンスショー」と
出張がかぶっていました。
せっかく並んで券を買ったのに。


しょうがない、kaさんと子どもに行ってもらうしかない。  


Posted by bin at 23:54Comments(0)日記/一般

2007年01月23日

ふわふわシュー

話題的には、私のジャンルではありませんが、山形・庄内のPR。


kaさんのネットワ-クで、藤島の菓子工房「ふくや」さんの、
「ふわふわシュー」が美味しいということでおつきあい。
「ごま味」と「カスタード味(なめらかプリンっぽい)」。
わたしは、「カスタード味」が良かったけど、
kaさんと子どもたちは「ごま味」が良いと。
画像、今回は美味しそうに映せずupできませんでした。
現物はおいしいです。もちっとしたところが。
あわせて、「なめらかプリン」も一緒に購入。

お店は、藤島郵便局さんの真向かいです。  


Posted by bin at 06:32Comments(3)食の話題

2007年01月22日

もう春山?

正月、高館山で「晩秋」を感じたが、
今回、二の滝ルートは、「大寒」なのに「春山」そのものだった。



でも、高いところはさすがに「冬山」の様相
  


Posted by bin at 23:38Comments(0)山形の山

2007年01月22日

鳥海山二の滝ルート

車をここに置く(だるまさんがお出迎え)


4WD車もここで断念


歩き始めて2時間半。「二の滝」入り口。


「二の滝」駐車場


二ノ滝駐車場、トイレ照明用の太陽光発電パネル?


自動点灯照明付きトイレ


水汲み場は雪で埋没
  


Posted by bin at 18:10Comments(2)山形の滝

2007年01月21日

厳冬の「二の滝」




鳥海山、「厳冬期の二の滝」。
昨晩、「鳥海山、二の滝氷柱探勝会」の話題を書いていて、急に、行きたくなった。
単独行なので、ラッセルが心配だったけど、雪を覚悟して「完全冬山装備」。

今回は、朝、ゆっくりして6:30出発。7:10、胴腹の滝に到着。

前夜の見込みに反して、「快晴」。『超』絶好条件。
「天気の心配がない冬山」とは、信じられない。ラッキーicon01icon01icon01icon01icon04
今が、『大寒』とはとても思えない。

「胴腹の滝」で、車両通行止めのバリケード。
車を置く。あとは歩き。

スキーにするかカンジキにするか迷ったが、カンジキの方が融通がきくと判断。
スキーは車に置いていく。
車高の高い4WD車はその先も入った形跡が・・・、でも自己責任。
チャレンジ精神には共感するが、リスクも高い。
4WD車は案の定、標高400m付近(行程の1/3付近)で戻り。
個人的には、 車のワダチでとても助かった。
それがなかったら、5倍疲れたと思う。

9:50、「二の滝」到着。
今回は好天に救われた。でもこれは、「超」異常。
平年の「厳冬期の二の滝」はこんなもんじゃ済まないはず。

戻りは、一の滝ルート。こちらのルートが楽。

「どぜお」さん、こんばんは。
おっしゃるとおり、「二の滝」は月光川ダムを経て、月光川となっています。  


Posted by bin at 22:03Comments(1)山形の滝

2007年01月20日

鳥海二の滝氷柱探勝会

鳥海山ふもとの二ノ滝。
「氷結した二ノ滝」までの雪道を歩くスノートレッキング、
「二ノ滝の氷柱探勝会」。
今年の開催は、 2月4日(日)。
毎年、行こうと思いながら日程が合わなくて参加できず。
今年も出張とバッティングしそう。
一人で行くには、ラッセルに不安。
来年に持ち越しか。

残念ながら夏の画像です。
  


Posted by bin at 23:56Comments(1)山形の滝

2007年01月19日

トトロの木その2



[パピコ]さんから以前紹介のあった、[Google Earth]での画像。
左寄りの中心が「トトロの木」、点となって見える。
右端が小杉集落。


拡大(中心がトトロの木)、たんぼのまんなか。
  


Posted by bin at 23:57Comments(0)山形の巨樹

2007年01月18日

トトロの木

「巨木」シリーズ第二弾

「TOM」さん、こんばんは。
計画通り、行ってきました、「トトロの木」。

鮭川村小杉の大杉。
宮崎駿監督の「となりのトトロ」に似ていることで人気。

雪中のトトロ(の木)。


西側からアップ


ここから歩きのスタート。
1km弱か。


さすがにだれもいない。
雪の踏み跡もなし。
後ろを振り返ると私の足跡だけ。


普通はここまで車での進入が可能。
この駐車場からも、見ることができる。


東側から


説明看板


こんな季節に訪問したことに敬意を払ってくれたのか、
青空で歓迎してくれました。
帰り始めたら、くもってきて雪に。
  


Posted by bin at 23:58Comments(3)山形の巨樹

2007年01月17日

「寄せ豆腐」つくり

画像の整理がおくれて、今日up。
実際は、1/8のできごとです。
このときまでは長女もいました。
kaさんと合作。
大豆は、藤島の産直「楽々」でGET。



(1)大豆は一晩水に浸しておく。


(2)大豆をざるにあげ、大豆と同量以上のつけ汁を入れて、
  2~3分ミキサーにかける。

  呉汁のできあがり。

(3)大きい鍋で湯をわかし、呉汁を入れて煮る。10分くらい。
  煮立ってきたら弱火にし、ふきこぼさないように、
  こげつかせないようになべ底からかき混ぜながら煮る。


(4)(3)をさらし袋でこす。最後に十分にしぼる。できた液が豆乳。
(5)にがりを熱湯でといておく。
(6)豆乳を火にかけ、なべ底からかき混ぜながら、75℃くらいまで加熱。
  にがりを木べらの上からまんべんなく入れる。
  木べらで1回、十の字を書くよう切り、火を止めてふたをし、15分くらいおく。



(7)さらし布をしいた箱枠に、しゃくしですくい入れる。



(8)フタをして、重石をしてできあがり。


豆腐                                おから

寄せ豆腐、ちょっと液切りをして醤油を少々。あったかいうちにパク!
  


Posted by bin at 23:58Comments(4)手作り

2007年01月16日

月山湖

出張。家を出て、1時間。
眺めがいいので、いつもここでワンショット。
駐車スペースは除雪してあるけど、
月山湖は、雪の上に登らないと見えない。


夜明け前の月山湖。

しばらくして日の出。
  


Posted by bin at 23:58Comments(2)山形見どころ