2018年07月22日

ニイニイゼミ、埼玉

関東地区、昨日も暑かった。
外を歩くとアスファルトの照り返しがすごい。
抵抗力のない人にとっては過酷。

セミの声が暑さに追い打ちをかける。




埼玉県、ニイニイゼミ。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2018年07月21日

都内。暑い!

夕方の都内。
日差しは傾いたのに暑さは和らがない。
山ならいくら汗をかいてもいいけれど、こういうところで汗はかきたくない。
汗をかかない速度で移動。


  


Posted by bin at 12:28Comments(0)出張・お出かけ

2018年07月20日

イヌワシみらい館

「海の日」の話題。
朝、鳥海山山頂小屋。
湿ったガスで、回復の見込みも薄いと判断。
コース変更してまっすぐ下山。
4:30スタート。9時大平登山口。

行きたいと思っていた、旧八幡町の「イヌワシみらい館」。
恐竜展。
祝日なので小学生との親子連れが多い。
いつもは閑散としているけれど、賑わっている。駐車場も満杯。



本物



  


2018年07月19日

鳥海山美術館

山頂大物忌神社前にある「鳥海山美術館」。
入場無料、写真撮影可。
以前は土足厳禁だったかと。今回は汚れを落としてそのまま。






奥には登山者個室が3つ。  


Posted by bin at 06:00Comments(0)鳥海山の夏

2018年07月18日

夏山の花々

今回の鳥海山、一泊した目的の夕陽、御来光、影鳥海はみんな流れてしまった。
でも、花々との出合は十分満喫。今年も健気に咲いてくれた。
予定変更した後半の下山コース、河原宿、千畳ケ原は次回の楽しみ。
シャクナゲ

チョウカイフスマ

クルマユリ










  


Posted by bin at 06:00Comments(0)鳥海山の花

2018年07月17日

本格夏山シーズン到来

「海の日」直前に梅雨明け宣言。

連休、飯豊にするか、朝日にするか、鳥海にするか迷ったけれど、
梅雨明け宣言を受けて、鳥海山1泊登山。


日本海に沈む夕陽、御来光、影鳥海を期待。
本音は鳥海の夏の花々に会いに。

今年の鳥海山は花が種類・量とも少ない感じ。
大平コース随所にニッコウキスゲが咲いている時期なのにほとんどない。

笙ケ岳~御浜、ここだけはキレイに咲き誇っている。



鳥海湖




風がとても強い。千蛇谷を登る間にガスが出てくる。




今回は小屋泊まり。
シュラフ、エアマット、ガスバーナーなどフル装備だったけれど、使う必要なし。
今までの板敷きの所は「個室(4,000円追加)」に改造。
神社管理人のいる時期は、参籠初穂料4,320円(秋以降は2,000円)で選択肢なし。
ちなみに夕食1,620円、朝食1,620円。

夕方、新山へ。
風が強い。そしてガス。
待っていての一瞬の風景。

  


Posted by bin at 06:00Comments(2)鳥海山の夏

2018年07月16日

「とみ将」さん

「海の日」の連休15・16日は鳥海山。
画像の整理ができていないので別の話題。

鳥海山を下りてからの昼食は、遊佐の「ちどり」さんが定番。
下山時刻が早かったので、今回、ちょっと浮気。
tan-tanさんの「麺活in八幡」に載っていた旧八幡町の「とみ将」さん。
ラーメン600円。
細縮れ麺、スープがからんで美味しい。チャーシューに味がある。
いつも、ラーメンのスープは残すところだけれど、汗をいっぱいかいたあとなので塩分補給、多めにいただきました。


  


Posted by bin at 17:50Comments(2)食の話題

2018年07月15日

夏空「積乱雲」

山形県庄内地方梅雨明け。
例年は20日過ぎ。1週間ほど早い。

夏雲。
庄内町から月山の方向。


本格的な夏山シーズン。
暑くて体力消耗、やや苦手なシーズン。
でも高山植物、花々はイキイキと咲き誇る。
そこは楽しみ。  


Posted by bin at 06:00Comments(0)山形の風景

2018年07月14日

シェイプオブウオーター



「鶴岡まちキネ」の時は、時間調整できず見ることができなかった。

今回、素直に楽しめた。  


Posted by bin at 06:01Comments(0)映画

2018年07月13日

積ん読「今でしょ」

「積ん読」の切り崩し。
結構古い本もたまっている。

林修氏の「いつやるか?今でしょ!」。

「はじめに」と「目次」を見て買ったけれどついつい後回しになってしまった。

  


Posted by bin at 06:00Comments(0)読書

2018年07月12日

今年の初収穫間近

今年のゴーヤ順調。
日射しを遮る葉の茂りも、食用のゴーヤの成りもいい形。
今年第一回目の収穫、もうちょっと。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)ゴーヤ日記

2018年07月11日

梅干し「節田梅」

梅雨の最中、梅干しのシーズン。
毎年恒例。
Kaさんの出番。

「節田梅」。
これまでは知人に頼んでいたけれど、今年は旧平田町「三吉」さんから2箱を購入したとのこと。


  


Posted by bin at 06:00Comments(0)手作り

2018年07月10日

「コフィア」さん

鶴岡まちキネ、映画の終わる時間が中途半端。
鶴岡駅前「コフィア」さんで30分ほど読書の時間。
もちろん、コーヒーが目的だけれど、コーヒーは5分。


  


Posted by bin at 06:01Comments(0)日記/一般

2018年07月09日

映画「空飛ぶタイヤ」

中国地方の雨は半端でない。
前例のないような集中・長時間の雨に耐えきれない。
庄内地方は、天災も少なく、恵まれている。

梅雨時の庭木、草は名はとても元気がいい。3日過ぎるとまた手をかけないと。
午前中その仕事をして、午後から、鶴岡まちキネ。「空飛ぶタイヤ」

池井戸潤氏の小説の映画化。
封切りと同時に見に行く予定だったけれど、昨日の日曜日になった。

小説で結末を知っているだけに、ハラハラ感は薄いけれど、十分楽しめました。


  


Posted by bin at 06:00Comments(0)映画

2018年07月08日

ゴーヤカーテン





今年のゴーヤは元気。順調に育っている。
この前の強風にも耐えてくれた。

去年の苗は老化苗で復活できなかった。
今年は若苗だったし、タイミングも良かった。

他の地域は多すぎる雨だけれど、ここ庄内はちょうどいい。

  


Posted by bin at 06:00Comments(0)ゴーヤ日記

2018年07月07日

モリのいる場所



鶴岡まちなかキネマ。
封切り前から「見る」と決めていた「空とぶタイヤ」。
まだ見ていない。
ということで出かけましたが、映画館に着いたのが開始10分後。
途中で入ると他のみんなにも迷惑。
10分、開始が遅い「モリのいる場所」に変更。
解説によると、山崎努氏と樹木希林さんとの初共演。

自宅とその庭から30年間出たことがない伝説の画家「熊谷守一」。
その仙人に似た生活ぶりを映像化。
テンポもスピード感も、関心の的も、私のような凡人とはかみあわない。
起承転結もはっきりしない。
評価不能に陥ってしまった。
でも、自然を見つめる目には共感。

  


Posted by bin at 06:01Comments(0)映画

2018年07月06日

月山筍、リベンジ不発



今年の月山筍も終盤。
いろいろな人に聞いてもあまりいい作柄ではなかったという話。
今シーズン、6月20日に予定していたけれど、相方さんの都合で中止。
昨日5日リベンジ。朝4時に藤島で合流して、湯殿山スキー場に向かう。
台風崩れの低気圧の影響で、雲は低く風が強い。
「米の粉ドライブイン」付近で雨。

山を登り始め1時間くらいのところで、沢を横切らなければならない。
残雪のある6月だと渡渉の必要はないけれど、今の時期、雨の降り方によっては増水で戻れなくなる。
雨に濡れた道は滑るし、重い収穫物を背負っての下りはリスクも高い。
事故って世間様に迷惑もかけたくない。
楽しむための「筍採り」のはずと言うことで、断念。引き返し。

去年は直前の捻挫で断念だった。今年は天気であきらめ。
2人で、「こんなこともあるさ」と納得。
「来年こそ」と確認し合いました。

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の都「庄内」

2018年07月05日

冷やしラーメン

山形市の霞城公園大手門前にある佐藤屋さん。
明治  年の創業の老舗。

山形に出かけたときの昼食の場。
冬は芋子煮蕎麦。夏はざる蕎麦。

もう一つの看板商品は「中華そば」。
今回その中華そばの夏バージョンが出ていました。

「冷やしラーメン」
さっぱりした味付け。
この時期、これはこれで美味しい。





  


Posted by bin at 06:10Comments(0)食の話題

2018年07月04日

お山ピカピカプロジェクト

月山佛生池小屋ブログ(ひまつぶしさん)に載った「お山ピカピアプロジェクト!」
http://trailblog.n-da.jp/e771729.html

出羽三山の登山道整備や各トイレ整備を担っている山形県自然公園保全整備促進協議会羽黒支部では、この夏写真のような自然環境整備を目的とした チャリティバッチを販売することになりました。


約束通り、今回の月山登山で「仏生小屋」さんから2個購入してきました。




  


Posted by bin at 06:00Comments(0)月山

2018年07月03日

月山「百花繚乱」

梅雨の合間の月山。
高山植物の豊富な月山が一番華やぐタイミング。
個人的には外せない。

庄内町の花「クロユリ」。
今年は不作。
4個しか探せない。


逆に、「コバイケイソウ」は数年ぶりに当たり年。



他の花々も、毎年同じところで健気(けなげ)に咲いている。
トキソウ

ハクサンイチゲ

シラネアオイ






  


Posted by bin at 06:00Comments(0)月山