2017年02月28日

金峯山・鎧が峰

運動不足解消のための金峯山・鎧が峰登山。

いつもは単独行だけれど、今回は鶴岡のSさんとMさんと計3名。
この次の摩耶山のための足慣らし。

天気予報では曇りだったけれど、結果は晴れ。
新雪が10cmほど積もって真っ白にお化粧。
キレイ。
雪がほどよくしまって登りやすいし、下りのときも雪がクッションになって足への負担がない。
いいコンディションの中、サイコーの春山を満喫できました。






目的地「鎧が峰」と背景に「母狩岳」


鶴岡市街全景、奥の鳥海山は雲の中。

  


Posted by bin at 06:28Comments(2)山形の山

2017年02月27日

金峰山雪灯籠まつり

鶴岡冬まつり。
金峰山雪灯籠まつり、27日(月)今晩開催。

去年は麓から会場の「中の宮」まで行くシャトルバスに乗るために寒い中1時間ほど待った。
待たされるのがわかっていたら、自分の足で歩いたんだろうけれど。
そんな記憶が残っている。

26日、日曜日、金峰山中の宮、会場予定地に立ち寄りました。
一生懸命、準備中でした。





大黒様の頭の部分はブルーシートで雪から保護





  


2017年02月26日

花粉症の季節

今年もやってきた「花粉症」の季節。
毎年春先、山登りの途中、麓の杉林を通り抜けるとき、
いっぱい花粉を浴びているせいか、ここ最近は、症状が和らいでいる感じ。


  


Posted by bin at 10:28Comments(0)山形の自然

2017年02月25日

山響公演チケット

今日のチケット。
鶴岡市中央公民館で「山響公演」。
仕事の都合で行けない。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)日記/一般

2017年02月24日

尾花沢手打蕎麦「たか橋」さん

山形で用を済ませた帰り道、尾花沢R13号線沿い、手打蕎麦「たか橋」さんで遅い昼食。
前回もそうだったけれど、中央分離帯があって、入るのも出るのもやっかい。
一旦、北上して戻る.帰りは一旦南下してUターンして戻る。

尾花沢蕎麦街道一番所の看板。
もりそば700円と鴨汁600円。合計1,300円

もりそば

結構、歯ごたえがある。ゆで加減はリクエストOK。風味はいい。

鴨汁


尾花沢かぶ甘酢漬

  


Posted by bin at 17:28Comments(0)食の話題

2017年02月23日

「支度中」

昼前から山形にお出かけ。
途中で昼食をとる予定。
いつもの「ななかまど亭」さんをイメージして。

なんと、「支度中」でした。
時間は1時半なので、遅れたわけでもないと思うけど。
定休日?
残念。

昼ごはん抜きで、そのまま山形へ。




  


Posted by bin at 22:03Comments(0)食の話題

2017年02月22日

冬の日本海

この前まで春間近の雰囲気だったけれど、冬に逆戻り。
冬の日本海。
湯野浜の海岸から。

 



荒れている。
ニュースでは、「荒天で漁に出られず県内産の魚が市場から消えた」という報道。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)山形の風景

2017年02月21日

中華そば「砂潟」さん

日曜日、久しぶりに中華そば「八千代」さんへと思って向かったけれど、駐車場満杯。
素通り。
ちょっと遠かったけれど、「砂潟」さんへ。
ここもギリギリ駐車。
中華そば、注文。
600円。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2017年02月20日

夜のピクニック




第56回直木賞を受賞した「恩田陸」さん。
受賞作「蜜蜂と遠雷」の前に買った「夜のピクニック」読み終えた。
先週、お出かけ中、電車移動の時間が多く、はかどった。

朝8時から翌日昼まで歩き続ける学校行事が舞台。
小説として、とても面白かった。面白かった。心理、情景描写が豊かでとてもよかった。

これから本命、直木賞受賞作読みはじめます。
1ページ2段書き、最近珍しい。しかも500ページ。
今時なら、単行本上下2冊部?
読み応え十分。
楽しみ。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)読書

2017年02月19日

イオンシネマ「相棒」

日曜日、当初はアウトドアの予定を組んだけれど、起きた時点でちょっと気乗りがしない。
天気もほどよく雪が降っていて条件はよかったけれど、体が言うことをきかない。

イオンシネマ三川にお出かけ。
このところ、ずっと「鶴岡まちキネ」で、久しぶり。

「相棒」。




  


Posted by bin at 17:28Comments(0)映画

2017年02月18日

お出かけ

今週は東京生活でした。
ずっと青空。
青空、おみやげに持ち帰りたい気分でした。

浅草(通りすがり)



新宿都庁(通りすがり)

  


Posted by bin at 20:09Comments(0)出張・お出かけ

2017年02月17日

東京上空「青空」

庄内空港発、朝1便。ちょっと雪が舞っていました。
東京について、「青空」。

同じ日なのに、このギャップ。



デジカメケーブルを忘れ、スマホからアップ

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2017年02月16日

手打蕎麦「おんどり」さん

山形からの帰り、遅い昼食。
国道13号、村山から西へ。
葉山山の登山口にある「おんどり」さん。
途中雪の壁ができていました。

「太麺田舎そば」をたのんだら売り切れ、「細麺のもりそば」を注文。
800円。
私がこの日最後のお客でした。
店を出て、帰り振り向いたら、暖簾ははずされていました。



お通し


「葉山」方向

周辺の風景

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2017年02月15日

山形市「霞城公園の朝」

山形市、日曜日の朝の霞城公園を散策。

雪の踏み跡もまだまばら。

雪をかぶった「最上義光像」





気分爽快、いい朝でした。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)山形の風景

2017年02月14日

「佐藤屋」さん

山形県写真展公開審査、午前と午後の間の昼休み。
会場の山形美術館前にあるそば屋さん、「佐藤屋」さん。

個人的に、山形市内のお店としては訪問頻度が高い。
いつもは「そば」。特に「芋子煮そば」。
前回は「新そば」の季節ということで、シンプルに「もりそば」だった。
「中華そば」もおいしいと以前きいたことがあったので、初「チャーシューラーメン」。
800円。

庄内のラーメンと違いスープが「魚だし」でない。
それはそれで美味しい。
麺の太さ、やわらかさ、縮れ具合もいい。
チャーシューはとてもやわらかい。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2017年02月13日

山形県写真展公開審査

第51回山形県写真展公開審査が2/11・12の両日、山形県美術館で開催。
出展数2,444点、去年第50回の時より100点減少。584名の参加。
デジカメが92%。
大西みつぐ氏の審査。
A・B・Cの3つに評価。
その後、「A」から入賞が選ばれる。

会場の「山形美術館」


審査風景

  


2017年02月12日

東北芸術工科大学

関東・関西にお出かけの帰り、山形で下車。
東北芸術工科大学 卒業/修了研究・制作展開催中の情報を得ていたので立ち寄りました。
若い想像力に触れたくて。

東北芸術工科大学訪問は初めて。
10時前に到着。意外とすんなり入れました。
帰る時間になったら駐車場は満車。
道路に渋滞・待機でした。

プロダクトデザイン学科を中心に見学してきました。
山形鋳物の鉄瓶にスピーカーを埋め込んだり、イグサの新しい活用、藤(とう)の利用、コンパクト収納除雪機・・・・
発想がユニークで楽しかったです。

デジカメとパソコンをつなぐケーブルを忘れてしまいました。
しかも携帯もなし。
画像がUPできません。
自宅に帰ってから、昨日・今日の分の画像、貼付しておきます。

2017.02.12 20:00
自宅に帰ってきて、画像添付。
昨日の分「ななかまど亭」と今日の分「東北芸術工科大学」







  


2017年02月11日

「ななかまど亭」さん

山形にお出かけ。
途中、112号線、「ななかまど亭」さんで昼食。
前回は「かも汁蕎麦」だったかと思う。

今回は、「げそ天蕎麦」。温かい方。
1,000円。
あとから来たお客様も「げそ天蕎麦」。
人気メニュー。






2017.02.12 画像貼り付け
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2017年02月10日

映画「聖の青春」

日曜日、遊佐の「二の滝氷柱探勝」から、まっすぐに「鶴岡マチキネ」へ。

将棋の世界で、天才「羽生善治」と勝負で張り合った、「村山聖」の生き様。
まさに命をかけた勝負。
膀胱癌で29歳で他界。

松山ケンイチさん、よかった。



  


Posted by bin at 06:28Comments(2)映画

2017年02月09日

定点観測、「一の滝神社」鳥居

毎年2月上旬、定点観測。
鳥海山、一の滝の鳥居の積雪の量。

(2017年)


(2016年)


(2014年)


(2013年)


2012年 


2011年


2010年


2009年


2008年


2007年


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)山形の自然