2017年02月20日

夜のピクニック




第56回直木賞を受賞した「恩田陸」さん。
受賞作「蜜蜂と遠雷」の前に買った「夜のピクニック」読み終えた。
先週、お出かけ中、電車移動の時間が多く、はかどった。

朝8時から翌日昼まで歩き続ける学校行事が舞台。
小説として、とても面白かった。面白かった。心理、情景描写が豊かでとてもよかった。

これから本命、直木賞受賞作読みはじめます。
1ページ2段書き、最近珍しい。しかも500ページ。
今時なら、単行本上下2冊部?
読み応え十分。
楽しみ。


同じカテゴリー(読書)の記事画像
スマホで読書
「言葉は現実化する」
おらおらひとりでいぐも
読書「自分のリミッターをはずす!」
羽生善治『人工知能の核心』
山歩きの雑記帳No.36
同じカテゴリー(読書)の記事
 スマホで読書 (2018-04-02 18:28)
 「言葉は現実化する」 (2018-03-09 18:28)
 おらおらひとりでいぐも (2018-03-01 18:27)
 読書「自分のリミッターをはずす!」 (2018-02-10 20:10)
 羽生善治『人工知能の核心』 (2018-01-07 22:28)
 山歩きの雑記帳No.36 (2017-12-27 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。