2018年12月29日

ヘタな人生論より徒然草

正月休み中に読む本として購入。
荻野文子氏の「ヘタな人生論より徒然草」。
出家僧吉田兼好が書いた随筆「徒然草」を40歳過ぎた女性が読み解く。
高校時代は「厭世的」「懐疑的」「無常観」がベースと学んだものが、
「合理的で論理的思考の持ち主」と兼好を見直す筆者の受け取り方が面白い。




同じカテゴリー(読書)の記事画像
花の百名山
月刊「致知」
カーネルサンダース
塩野七生「日本人へⅣ」
ゼロヒャク教科書
あきらめない心
同じカテゴリー(読書)の記事
 花の百名山 (2019-01-08 22:59)
 月刊「致知」 (2018-12-27 21:35)
 カーネルサンダース (2018-12-18 21:17)
 塩野七生「日本人へⅣ」 (2018-12-14 06:01)
 ゼロヒャク教科書 (2018-12-07 22:05)
 あきらめない心 (2018-10-31 23:10)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。