2015年09月30日

月山紅葉

先週の日曜日は鳥海山でした。
鳥海山の秋を一泊二日で満喫。
これ以上ないといういい条件が重なって楽しめました。

今回、月山へ。


これまで行けてなかった「湯殿山」コースを選択。
湯殿山参籠所までの有料道路、料金所が開くのが朝8:15。
35分待ち。

歩くこともできるが50分くらいかかるとのこと。
行きは歩いてもいいけれど、帰りは多分、時間・体力とも余裕がないはず。



予定より10分早く8:05でオープンしてくれました。


マイカー終点、参籠所からはシャトルバス。
片道200円、往復300円。往復券を買う。


湯殿山、以前、参拝には来たことがあったけど、このコースを歩いての月山は初めて。
装束小屋から頂上は、石跳コースで経験済み。



地図で見ても、現場を見ても急登。
話に聞いていた鉄はしごも登り応えは十分。
でも距離は短い。



稜線に出ると、紅葉が本格的に。
頂上方向はガス。
たまに切れ間もでるが半端。

ガスの中、時折雨がポツリポツリ、雨具を取り出すほどではない。

頂上に到着。
一瞬のガスの晴れ間。
1分ほど。


写真を数枚撮ったが、あとは晴れずじまい。


山頂神社でお参りして、小休止。
おにぎり•カップ麺、そしてコーヒー。

ガスのせいで風景もなく、気分もイマイチ晴れない。


早々に下山。



下り終えて、湯殿山神社お参り。
足湯にしばらく浸かってバス停へ。
タッチの差でバスは出たあと。
時刻表を見ると次のバスは30分後。
待っても仕方がないので歩いて車まで。
バスの片道券は使うことなくただの紙くずに。

道のりの半分くらいの所でバスがきて追い越して行きました。
時刻表に関係なく往復運行していたようでした。
歩いた分、健康をいただいたということで納得しておきました。


  


Posted by bin at 18:29Comments(0)月山

2015年09月29日

湯殿山

出羽三山の1つ「湯殿山」。

本来の参拝順路は、羽黒山(現在)、月山(過去)、湯殿山(未来)らしい。
今回は1日で回りきる計画は立てられず、湯殿山口から月山に。


江戸時代は、西の伊勢参り、東の奥参り(湯殿山)と称され、
両方をお参りすることが「人生儀礼」とされたとか・・・

9月下旬に伊勢参りに行ってきた。
そして今回、湯殿山参り。


湯殿山参籠所の鳥居


参拝所入り口 (この先撮影禁止)


御朱印
「湯殿山」も「月山」と同じ、見開き1ページの大判。




  


Posted by bin at 18:10Comments(0)日記/一般

2015年09月28日

酒井家の遺宝展

鶴岡市合併・市制施行10周年記念事業。
「出羽庄内藩酒井家の遺宝展」に行ってきました。

鶴岡市致道博物館で開催中。
9/28まで。

展示の見どころ、日本刀「備前長船住元重」。
昭和61年に酒井家の蔵から盗難に遭って所在不明になったものが昨年、所在判明。
36年ぶりの公開とのこと。

刀剣についての知識はなし。
最上義光記念館と今回の展示についての地元紙「荘内日報」の特集で学んだレベル。

何百年かの時間を超えてもなお美しい光を放つ姿に、
「武器」ということを忘れて名工の技に感動でした。


撮影禁止のため画像はなし。

致道博物館庭園。


旧西田川郡役所

  


2015年09月27日

中秋の名月

帰宅途中の車から。

きれいな満月。

「中秋の名月」。
私のデジカメではウサギさん写りませんでした。


  


Posted by bin at 22:45Comments(0)日記/一般

2015年09月27日

第25回庄内水彩展

庄内町「響ホール」。
庄内町芸術祭開催中。

2階町民ギャラリー
第25回庄内水彩展。



書く人の個性が、色使い、筆のタッチ、着眼に現れていてとても面白い。
(私はかけないけれど)

  


2015年09月26日

御朱印「鳥海山大物忌神社」

今回の鳥海山登山4つ目の目的。

先日の「お伊勢さん参り」で更新してきた「御朱印帳」。
伊勢神宮「内宮」「外宮」の次のページに、「鳥海山山頂」印を押してもらうこと。

残念ながら、頂上神社はシーズンが終わり閉鎖。
神職の方も下山してしまっていて、「御朱印」いただけませんでした。

下山してから、吹浦の「大物忌神社」に参拝。



頂上で参拝してきた旨を伝え、印をいただけないか相談。
「印は山頂に置いてある」とのこと。

ごもっとも。

鳥海登山の4つめの目的は達成できませんでした。


「鳥海大物忌神社」の御朱印をいただきました。



ちなみに前の「御朱印帳」は、伊勢神宮のあと鳥海山山頂神社「御朱印」3連チャン。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年09月25日

鳥海山「草紅葉」

『千畳ケ原』草紅葉。


今回の鳥海山の目的、夕日と御来光そして千畳ケ原の草紅葉。
当初計画は、御来光を拝んだあとそのまま外輪を回って伏拝岳~河原宿~千畳ケ原~御浜の周回。

朝、起きた段階で「のんびりコース」に計画変更。
千蛇谷を下って御田ケ原手前からトラバースルートへ。
さらに鳥海湖分岐から千畳ケ原ピストン。

途中、七五三掛で「ブロッケン現象」。


千畳ケ原遠景。



草紅葉はちょうど始まったところ。
新鮮な雰囲気。




青空と白い雲。


このロケーションの中で飲むつもりでポットに入れてきたコーヒーを出す。



今年もこの場所でこの空気を吸えているという充足感。
時間を忘れる。
言うことなし。


来た道を登り返して、鳥海湖の左側を歩いて笙ケ岳分岐へ。


大平・笙ケ岳分岐。
新山、雲に隠れたり見えたり••••
名残惜しい。

2日間、「秋の鳥海山」を舞台に、いい時間を満喫できました。



  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山の秋

2015年09月24日

鳥海山「御来光」

『御来光』



鳥海山山頂小屋泊まり。
2日目。
4:20のアラームで目ざめ。
昨晩早く寝たために、夜中にも何度か目が覚めた。

シュラフから抜け出し、外に出る。
満天の星空。
冬の星座オリオンも南の方角に輝いている。

御来光は新山でなく七高山ピークの予定。
ご来光を拝んだ後、伏拝岳に回る予定でいたけれど、
天気もいいし、のんびり行こうと、千蛇谷を下るコースに変更。
ということで荷物の整理は御来光のあとに。
アラームを4:40にセットし直しして二度寝(15分ほど)。


日の出の予定時間は5:24。

七高山到着5:10。
日の出前の七高山






時間まで若干の余裕。
雲海の上に東北の山々が顔を出している。

日の出の瞬間



影鳥海


新山と影鳥海



モルゲンロート(朝焼け)


雲海


いい1日のスタートを迎えられました。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年09月23日

鳥海山の夕日

鳥海山.
今回の小屋泊りの目的の1つ。
夕日鑑賞。
日帰り登山では山頂での夕日鑑賞は難しい。

千蛇谷を登っている時はガスが立ち込めていたが、
山頂神社についた時はすっかり晴れ。
小屋に荷物をおいて新山へ。
頂上着17:00。


七高山側に「影鳥海」



日没予定時刻は17:24だけれど日本海に沈む前に雲が。
予定より早い。







酒田市夕景


空に、お月さん。
小屋泊まりでないと、この時間まで新山にはいられない。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年09月22日

秋の鳥海山

新山


9/20、起きて天気予報。
午前中雨が残るが、曇りのち晴れ。
翌9/21は晴れ。
絶好の「山日和」。

飯豊山も候補地に上がったが、夜明け時点に登山口に着いていないと。
時間的に手遅れ。
鳥海山小屋泊りに決め。
夕日と御来光を目的に。

吹浦大平コース、最近このコースばかり。
距離は長いがのんびり登れる(気持ち的に)。
自宅を10:30で出てお昼前登山開始(通常はやってはならないパターン)。

大平山荘(展望台から)


登山口付近は「初秋」。
草紅葉の始まり


ナナカマド



御浜(鳥海湖)


途中ガスが出たり消えたり。
スタートが遅かったために下山者とのすれ違いが多い。
登山は「登り優先」だが、こちらは単独行でペースはどうにでもなる。
でも七五三掛の分岐で団体さんと出会い15分ほど待機。



大物忌神社着16:50。
冬支度がすんで神社は閉鎖。


小屋の外にテント1張り。
小屋の中に先客1人。シュラフに入って寝ている。

サブザックに装備を詰め込んで、新山へ。
(夕日画像は後日)

小屋に戻って、簡単に食事。
この日は2人だけ。
普通は山談義に花が咲くパターンだけれど灯りもつけず休んでいる。
夜の寒さ対策に持ってきたものを全て着こんでシュラフに。


ローソクの灯を見ながら瞑想に耽る••••
というゆとりなし。
寒い。

冬用のシュラフにすべきだったと反省しながら就寝、19:30。

  


Posted by bin at 10:15Comments(2)鳥海山の秋

2015年09月21日

山歩きの雑記帳No.27

山好きの写真家佐藤要氏が編集・発行する「山歩きの雑記帳No.27」。



鳥海山、月山などの秋の画像風景、随想文が満載。

読んでいて暑さが遠のいた秋の山、そろそろ出かけたくなりました。

でも、最近ますます運動不足。
最初の1時間はとてもつらい登りになりそう。

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)読書

2015年09月20日

「雲」の展示場

ANA機から。
本を読みながら、ちらちら窓の外を眺めて、秋の空を楽しむ。
この時期の雲は見ていて飽きない。
いろいろの形、濃淡、風とともに・・・・









機影とブロッケン

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)空から

2015年09月19日

復路『庄内』

東京からの帰りのANA機からの「庄内」。
ポチポチ、稲刈りが始まった風景。

庄内町上空「余目駅」


庄内町上空「響ホール」


庄内平野、奥にちっちゃく「飛島」


鳥海山と最上川

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)空から

2015年09月18日

空から「鳥海山」

昨日の朝の庄内はちょっと半端な天気。

でも、ANA1便羽田空港行きから見た鳥海山はとてもスッキリしていました。






朝日山系の3つのダムが同時に俯瞰できました。



朝日、以東岳。
いつもは月山の北側を飛ぶコースだけれど、今回は月山の真上。
おかげで、以東岳を眺めることができました。

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)空から

2015年09月17日

御朱印帳

お伊勢参り。

御朱印帳。

去年ものも伊勢神宮「内宮」がスタート。
最後が夏の月山頂上神社。

今回も伊勢神宮「内宮」が1ページ目。
2ページ目が伊勢神宮「外宮」。





  


Posted by bin at 06:27Comments(2)日記/一般

2015年09月16日

伊勢神宮

名古屋の知人とお伊勢参り。
11人の団体さんで。
ちょうど1年ぶり。
前回は、20年に一度の遷宮直後。

内宮


鳥居をくぐると、さっきと同じ空気を吸っているはずなのに神聖な気分になる。



おかげ横丁




お土産店街は人人人・・・・


外宮

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2015年09月15日

細井平洲記念館

愛知県知多半島の付け根、東海市。
待ち合わせの時間にちょっと余裕が。

細井平洲記念館に久しぶりに行ってきました。
名鉄の駅、太田川からタクシー。




江戸時代、米沢藩の財政危機を乗り越えた上杉鷹山。
その先生に当たる人が今回の「細井平洲」。



入館無料、写真撮影も問題なし。
数年前より増設していました。



館内に、ケネディ大使が米沢を訪問した記事が載った山形新聞のコピーがおいてありました。
大使の父、ジョンFケネディアメリカ大統領が、
上杉鷹山公を「もっとも尊敬する日本人」と語ったご縁。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2015年09月14日

名古屋「味噌煮込みうどん」

名古屋にお出かけ。
名物にうまいものがないと言われるけれど、名古屋名物「味噌煮込みうどん」を味わう。

一度経験しているはずだけれど、忘れてしまった。

名古屋駅タワーズプラザ13階。
山本屋総本家。
お昼どき前、20人ほど店の外に並んでいる。
微妙な人数。
思い切って並びました。

オーダーしたのは、名古屋コーチンと卵が入った親子煮込みうどん。
1,706円?







一口食べて思い出した。
「かたい」、「生めん」。
個性的。
茹でないでそのまま麺を煮込むから「味噌煮込み」との解説。

もう数回食べればやみつきになるのだろうけど、あごが疲れる。

味噌スープはさすがにおいしい。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2015年09月13日

台風一過「富士山」

新幹線から。
富士山。
東京・神奈川では西側は曇っていたけれど、
静岡に入って雲の切れ間。

ちょうど富士山が見えるところで雲が晴れました。
台風一過の青空と秋雲の中にそびえる富士山。

きれいでした。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2015年09月12日

[映画]アンフェア

イオンシネマ三川。
アンフェアthe end。

味方か敵か。
最初から最後まで気が抜けない。

楽しめました。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)映画