2011年07月31日

コクリコ坂から

イオンシネマ三川の「レイトショー」。
ジブリ映画「コクリコ坂から」
企画宮崎駿 監督宮崎吾朗

1963年の横浜。



BGM「上を向いて歩こう」
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)映画

2011年07月30日

「原発大崩壊!」勉強中!

武田邦彦著「原発大崩壊!」。
遅ればせながら「勉強中」。
自分の考えをしっかり持つために。


先日、TVに武田邦彦氏が出演し、「原発」について話してました。
本屋さんに立ち寄ったら、この本が目に飛び込んできました。

買いました。


(読んでいる途中です)
いまさらながら、今回の原発事故は、
「核爆発」という物理反応ではなく、「水素爆発」という化学反応だった。
電源を失ったことが、今回、大事故につながった最大の原因。
(津波と地震は日本である限り想定内)

そして、同様のリスクは解消していない・・・・・。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)読書

2011年07月29日

ワンタンメン「川柳」

酒田ラーメン、「美味しいワンタンメン」食べ歩き。


6月から、ワンタンメンを食べ歩きしてました。
「川柳」さんに戻ってきました。
やっぱり、私は好き。

でも、この暑さは、「冷たい麺」に行きたくなる。
しばらくワンタンメン、お休みかな。  


Posted by bin at 06:28Comments(6)食の話題

2011年07月28日

ハリーポッター

イオンシネマ三川。
「ハリーポッター」の最終章。

面白かったです。





  


Posted by bin at 06:28Comments(2)映画

2011年07月27日

ゴーヤチャンプル

グリーンカーテンのゴーヤ。
葉っぱはまだまばら。
日光をさえぎるまではまだまだ。

でも、実は大きくなりました。




収穫1回目。


そして調理(私ではありません)。

ゴーヤチャプル。
一昨日、いただきました。
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)日記/一般

2011年07月26日

花鳥風月

何かと話題に出てくる「花鳥風月」。
一度は食べてみようと出かけました。

つけワンタンメン。




  
   
涼しくなったら、正規のワンタンメンを食べてみたい。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2011年07月25日

ふらっと「岩ガキ」

日曜日、早朝から庭の草取り。
ずっと雨が降らず、土がカチカチで、なかなかはかどらない。
5時間かかって、やっと半分ちょっと。
日射しが強くなって、熱中症になってもマズイと思い中断。

昼からお出かけ。
遊佐町吹浦(鳥海山の麓)、道の駅「ふらっと」。


目的は、庄内の夏の風物詩「岩ガキ」を食べること。


天気がいいので超満員。

岩ガキ(大)1個600円。
銀カレイの焼きたては、並んで30分待ち。

どちらも美味しく大満足。

吹浦まで出かけたついでに、十六羅漢まで足をのばして「夕日ラーメン」。
「アオサ」の風味が、とてもいい。

  


Posted by bin at 06:29Comments(4)食の話題

2011年07月24日

アゴダシ(トビウオ)



今年もKaさん、トビウオのだし(アゴダシ)つくり。
毎年、梅雨の最中のことで、乾かすとき、カビが生えないよう苦労。

今年は、梅雨明けが早く雨も降らない。
「速攻」で乾いたみたい。

もう知人に配り終えたとか。  


Posted by bin at 06:28Comments(2)手作り

2011年07月23日

大潟溜池/鳥海山

秋田空港からの帰り、寄り道。
鳥海山裏側(秋田県側)の大潟溜池。




さざ波が静まるまで眺めていました。

1台の車がやってきたと思ったら、突然、大型犬2頭がザブンと大波を立てて水浴び。
待っていた時間「icon11」でした。


気を取り直して、となりの「琵琶沼」へ。




優雅な「魚釣り」をしていました。
  


Posted by bin at 06:27Comments(0)鳥海山

2011年07月22日

「羊蹄山」の花々

北海道「羊蹄山」。
いろいろな出会いの中で、今回は「お花」。





  


Posted by bin at 06:28Comments(2)羊蹄山

2011年07月21日

シマリス

北海道「羊蹄山」。
いろいろな出会いがありました。

その1つ、「シマリス」。
外輪山の岩場で。
森の中にいるとばかり思っていました。
同行のKさんの話では、「好奇心旺盛で人についてくる」とのこと。
本州の「オコジョ」みたいな感じ?

今回はすぐ岩陰に隠れました。

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)羊蹄山

2011年07月20日

「羊蹄山」に変更


平年であれば、「梅雨のないさわやかな北海道に逃避」のはずが、
今回は、なぜか、「快晴の山形から土砂降りの北海道へ」。
日ごろの私の行いが悪い?
なかなか思いどおりに行きません。
秋田空港へ出かけるときの庄内(快晴)。
鳥海山



当初、大雪山系の「トムラウシ」を計画。
予報を見る限り、現地は「終日雨」。
もともと北海道の山でも「トムラウシ」は厳しいエリア。


北海道在住のKさんに千歳空港に迎え来てもらいました。
計画ではそのままトムラウシ温泉まで直行。
でしたが・・・・
空港到着ロビーで「作戦会議」。
計画の「十勝方面」は終日雨。
それよりは「道南」の方が、雨雲が早く抜ける可能性が高い。

打ち合わせの結果、蝦夷富士「羊蹄山」に変更。
トムラウシの宿泊をキャンセルして、急遽ニセコを予約。
23:20に「羊蹄山真狩登山口」着。
車中泊。

翌朝5:00起床、5:30出発。
夜中、車にたたきつける雨音がうるさかったけど、
夜明けとともに雨は上がった。
でもガス。

真狩キャンプ場(車中泊)


登山口


ガスの中を黙々と。


二合目半

四合目

羊蹄山小屋

外輪から火口湖




頂上の風景



カラフル。
女性が多い。
みんな元気。


一等三角点


何とか、ガスとたまにぱらつく小雨で済んだ。
頂上にも立てたし、計画変更は正解でした。  


Posted by bin at 09:29Comments(2)羊蹄山

2011年07月19日

112mの噴水

山形に行く途中、高速でなく112号線を走りました。
たまたま11時過ぎに「寒河江ダム」そばを通過。
噴水が上がっていたので、即、駐車場に。
シャッターを切りました。







かつての「寒河江ダム」
http://kimama.n-da.jp/e40205.html
http://kimama.n-da.jp/e40531.html
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)山形の風景

2011年07月18日

デンデラ

イオンシネマ三川で映画「デンデラ」。

ハリーポッターやトランスフォーマーなど見たい映画がたまってきた。

とりあえず順番。
「デンデラ」。
庄内映画村での撮影ということで期待して出かけました。




「姥捨」がベース。
庄内の冬が舞台、「陰鬱」。
この2つの要素が相まって、暗すぎた。


小説で読むとそれなりに自分のイメージを作って場面展開でき、面白いかも。
映画は頭を使わずに楽することができる反面、イメージを固定化されてしまう。
想像を挟み込む隙間がない。
  


Posted by bin at 17:31Comments(4)映画

2011年07月17日

「満月」さん、ワンタンメン

ちょっと前の話題です。

酒田のおいしい「ワンタンメン」探し、続き。

いつも満席の「満月」さん。
今回も2時過ぎだったけど、混んでました。
つけ麺のワンタンメン(限定1日20食)も味わってみたかったけど、
普通のワンタンメン。
ワンタンの皮の薄さはやっぱりスゴイ。

  


Posted by bin at 12:28Comments(0)食の話題

2011年07月16日

遠出、トムラウシ

ちょっとお出かけ、北海道まで。

むかしの山仲間が北海道で仕事しています。

昨年の夏は、北海道「利尻山」に同行。
その時、「来年、どうしよう?」→「トムラウシ!」と、即、決定。
「トムラウシ」は、以前も話しが出たけど直前に事故が発生して中止に。

土曜日、仕事が終えてから秋田空港へ。
20:55札幌新千歳空港着。
空港で合流、千歳東ICから高速で十勝清水ICまで147km。
その後一般道を63km。
トムラウシ温泉駐車場に0:30到着。
駐車場で車中泊。


<計画>
日曜日、
4:30起床、5:00スタート。
頂上11:00~12:00。
15:30下山。
この日は、トムラウシ温泉国民宿舎「東大雪荘」宿泊。


天気予報図。
登山予定日の北海道、雨にドップリ浸かってる。

難儀しそう。  


Posted by bin at 21:28Comments(2)山旅

2011年07月16日

「アンダルシア」


織田裕二・黒木メイサ・伊藤英明・福山雅治の「アンダルシア」。

一部の評価では「マイナス」的に言われているけれど、
私は十分楽しめました。

味の「おいしさ」も、本や映画の楽しさも、
体験、思い、おかれた立場・境遇などで受け取り方が違う。
あくまで「個人」が感じることなので・・・・・。  


Posted by bin at 06:27Comments(2)映画

2011年07月15日

鳥海山の花たち

夏の山の魅力の1つはやっぱり「高山植物」。

やせた養分の少ない場所で、酷寒・強風にたえて、
雪解けとともに芽を出し花芽をつける。
梅雨時から一斉に花を咲かせる。
山々は華やかに。

 

 

 

 

 

 

 

   


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2011年07月14日

チョウカイフスマ



鳥海山の夏。
お花も楽しみの1つ。

特に、鳥海山固有種「チョウカイフスマ」は、今の時期から8月上旬まで。
頂上付近はまだ咲き初めでした。
しかも、ガスが花びらに結露して水がまとわりついている。
写真を撮るにはいい条件ではない。


今回はあきらめて、「もう一度今月登るしかない」と思っていたら、
下山ルートに使った「康新道」に群生地がいっぱい。
山形側は、「外輪山」周辺にしかないけど、秋田県側のほうが豊富かも。
  


Posted by bin at 06:28Comments(6)鳥海山の花

2011年07月13日

ゴーヤの実

グリーンカーテンのゴーヤ。
実を付けていました。



肥料のおかげ?
ちょっと元気になった?
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)日記/一般