2018年12月14日

塩野七生「日本人へⅣ」

ヨーロッパ、イタリアから塩野さんが見た世界と日本。
ギリシャ・ローマ時代からの歴史も絡めて現代を読み解く。
塩野さんの世界観、好き。


  


Posted by bin at 06:01Comments(0)読書

2018年12月13日

大杉漣「教誨師」






鶴岡まちなかキネマ「教誨師」。
ストーリーにも興味があったけれど、大杉漣さんの役作りにも関心があった。
死刑囚という極限の環境にいる人間によりそうという特異な設定。
言葉のやりとりだけれど、1人1人の人生そのものに向き合う姿がすごい。
反面、やりきれないむなしさが漂う。
での、最後には「そうか」とある程度納得。
味わい深い映画でした。  


Posted by bin at 06:10Comments(1)映画

2018年12月12日

羽黒「琴の」さん

雪のせいとタイミングが良かったのか、今回は並ばずにすぐ着席できました。
中華そば。
「細麺」、「あっさり」を注文。




  


Posted by bin at 06:09Comments(0)食の話題

2018年12月11日

羽黒「玉川寺」さん

羽黒の「玉川寺」さん。
四季を通じて楽しめる。
雪の風景を期待して訪問。













いろいろ用を足していたために午後になってしまった。
気温が低いままで、雰囲気は残っている。


お客様は誰もいない。
寒いけれどゆっくり鑑賞できました。



  


Posted by bin at 06:28Comments(0)山形の風景

2018年12月10日

イオンシネマ「ビースト」


イオンシネマ三川、「ビースト」。

当初見る予定していなかったけれど、TVで前作の一話を見てしまったことで、その続きを見ることに。
すっかり戦略にはまってしまいました。

おかげで素直に楽しめました。  


Posted by bin at 06:00Comments(0)映画

2018年12月09日

ほぼ初雪⇒豪雪!

24時間前は雪がなかったのに、一昼夜経過したら・・・・・

庭の真ん中に穴を開けて測定。
50cmちょっと。


昨日はなかったのに、厳冬期なみの豪雪。

玄関までの通路確保、終わり。

  


Posted by bin at 09:45Comments(0)山形の自然

2018年12月08日

大雪警報

12月に入っても暖かい日が続いていた。
今朝まで地面が出ていたけれど、
会社に着いた頃から雪が降り始め、止まない。
帰る頃には30cm近くの積雪。




しかも、庄内町には「大雪警報」発令中。
明日の朝まで葉結構積もりそう。
これまで楽をさせてもらったけど明日は除雪作業が必須。  


Posted by bin at 20:20Comments(0)山形の自然

2018年12月07日

ゼロヒャク教科書

本のタイトル「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」。
長すぎて覚えられない。
略称があるみたい、「ゼロヒャク教科書」。

落合洋一さん、1987年生まれ、メディアアーティストという身分。
デジタル関連の世界では超売れっ子。

これまでの「人生80年時代」から、「人生100年時代」に移ろうとしている今、人生計画を根本から見直す必要があると。
IT化が進みテクノロジーの進化が著しい時代、変化の速度はますます早く、目まぐるしく移ろう。
「新しい学び方」、そのための心構えが必要とのこと。
本人は、
「自分がこれまで書いてきたものよりも、平易な文章を心がけ、親子で一緒になって読めるように気をつけて作った本のつもり」
と言っている。



ネットで買ったので中身の確認できなかった。
今、ピラピラとページをめくってみたけれど、楽には読めない感じ。  


Posted by bin at 22:05Comments(0)読書

2018年12月06日

鶴岡「コフィア」さん

鶴岡でちょっと一区切り。
「コフィア」さんで整理。


  


Posted by bin at 22:20Comments(0)お出かけ

2018年12月05日

映画「人魚の眠る家」

鶴岡まちキネ、「人魚の眠る家」。
篠原涼子、西島秀俊の共演。

最愛の娘がプールでおぼれ意識不明(脳死?)状態に。

どうしても先読みしてしまうけれど、ほどよくかわされてしまいました。
結果、いい着地だったのかな。


  


Posted by bin at 20:28Comments(0)映画

2018年12月04日

「写団はぐろ」写真展

鶴岡アートフォーラムで開催されました。
この前の日曜日で終了。
会員8名が7点から12点を出品。
羽黒山、陸羽西線、鳥海山、月山、大山下池・上池、出羽三山大鳥居解体工事etc.
それぞれの愛着ある舞台での写真表現。
個性が出ていました。

私は、鳥海山「滝の小屋」管理人をしているS氏の作品に目がいきました。







  


2018年12月03日

「ゆきむろ蕎麦」さん

山形にお出かけ。
今回は月山越えでなく、R47・R13。
村山でちょうどお昼時。

国道から少し外れた「ゆきむろ蕎麦」さん。
数ヶ月ぶり、2回目。

ちょっともっちりした感じ。






  


Posted by bin at 21:10Comments(0)食の話題

2018年12月02日

師走の鳥海山

師走の鳥海山。
小春日和、快晴の中の爽やかな風景。
デジカメ、持ち合わせなし。スマホで。



庄内、これからの季節、こんな晴れ間も難しくなる。  


Posted by bin at 13:28Comments(0)鳥海山

2018年12月01日

「ななかまど亭」さん

今日から師走。今年もあとひと月を残すばかり。

今日は山形までお出かけ。
庄内を出る前に昼食と思い、以前、「鉄馬」さんのブログでチェックしていた、
鶴岡市(旧櫛引町)の田代食堂さんに立ち寄り。
店の前まで行ったけれど、お客さんが店からはみ出して、行列。
時間にそれほど余裕がなかったので、そのまま停車しないで通過。
せっかくの新規開拓だったけれど、次の機会までおあずけ。

ということで、R112号月山越え途中の「ななかまど亭」さん。
店に入る前まで、ゲソ天そばの予定していたけれど、外はみぞれっぽい氷雨。
寒すぎる。
つい、温かい「肉汁そば」を注文。
正解でした。







  


Posted by bin at 23:22Comments(0)食の話題

2018年11月30日

映画「斬」

鶴岡まちキネ、全編鶴岡ロケという言葉に惹かれて出かけました。
「斬」。
「なぜ人は人を斬るのか」、重厚感のある映画に感じました。

金峰山登山口の墓石群、羽黒のスタジオセディック、風景には親近感が湧きました。


  


Posted by bin at 19:28Comments(0)映画

2018年11月29日

「前橋汀子」さん

先月1ヶ月、日本経済新聞の「私の履歴書」蘭に掲載された、バイオリニスト「前橋汀子」さん。
楽しく読めた。
ネットで何気なく目に触れたCD、注文しました。



「チゴイネルワイゼン」と「チャイコフスキー、メンデルスゾーン」のバイオリン協奏曲。  


2018年11月28日

映画「YUKIGUNI」

酒田市の「ケルン」。
井山計一さんが考え出したカクテル「雪国」。
「雪国」が生まれた背景と、井山さんの生き方を綴った映画。

8月の先行試写会を見て、今回、2回目。
限られた条件の中で、世界中に浸透した逸品。
時代が変わっても、新鮮みがある。


  


Posted by bin at 22:45Comments(0)映画

2018年11月27日

晩秋の風景

小春日和の中、散策。
山形美術館。

陽の光がありがたい。








のどか~~。  


Posted by bin at 20:03Comments(0)山形の風景

2018年11月26日

佐藤屋さん「芋煮そば」

上山市での用を済まして山形市へ。
昼を大分過ぎて遅い昼食。
寒くなったので「芋煮そば」の季節と思い、霞城公園前の「佐藤屋」さん。

入り口に、都合で、メニュー制限ありの張り紙。
店の中にも張り紙。
「本日は都合により芋煮そばだけ」


私の目当ては今回、「芋煮そば」だったので問題なし。


アツアツの「芋煮そば」、美味しくいただきました。
  


Posted by bin at 21:57Comments(0)食の話題

2018年11月25日

「沢庵禅師」供養祭

今日は上山市にお出かけ。
上山市にある「春雨庵(はるさめあん)」で、「沢庵禅師」供養祭。

江戸幕府の宗教統制に抵抗した京都大徳寺153世の沢庵禅師は上山に流された。
当時の藩主が提供した小庵を気に入った禅師は「春雨庵」と命名。
徳川三代将軍家光の代に、赦免、三年の流刑生活を終え江戸に戻り、家光が創設した東海寺の住職に。
家光との交流の中で、上山で作っていた大根漬を家光に。
それまで名前のなかった大根漬に家光が禅師の名前をとって「沢庵」と名付けた。

といわれているとのこと。
数年前からかみのやま温泉では、朝食に「湯漬け沢庵」を提供している。

供養祭。



春雨庵



正面に「沢庵禅師」が鎮座



地元小学生、沢庵の漬け込み作業。



ゲーム「大根輪投げ」。賞品は漬物。