2017年08月04日

鳥海山花いっぱい!

今年は、春先の少雨と低温で、山の雪解けが遅れた。
雪渓の消失とともに咲く、高山植物の花々も後ろにずれた感じ。
その花々もようやく追いついた。












  


Posted by bin at 18:28Comments(0)鳥海山の花

2017年08月03日

チョウカイフスマ

今回の鳥海登山の目的は、鳥海山の固有種の花「チョウカイフスマ」。
例年、時期が早かったり遅かったり、なかなかタイミングが合わない。
今年はちょうどいいタイミング。
外輪山、文殊岳付近と行者岳東側、七高山南側。




もう1つの鳥海山の固有種の花「チョウカイアザミ」。

  


Posted by bin at 21:45Comments(0)鳥海山の花

2017年07月26日

鳥海山の花「コバイケイソウ」

このところコバイケイソウのいい形の物に巡り会わない。
今回、「御浜小屋」近くにありました。

「コバイケイソウ」はやっぱり夏山をイメージする「代表」的存在と思う。




  


Posted by bin at 18:28Comments(0)鳥海山の花

2017年07月22日

鳥海山の花「チングルマ」

鳥海山、チングルマ。
標高によって満開中だったり、花が散ってしまったり、もう種になりかけていたり、さまざま。



霧に濡れて・・・・

下山途中、多少乾いてきた。


  


Posted by bin at 21:10Comments(0)鳥海山の花

2017年07月20日

鳥海山の花「ハクサンイチゲ」

ガスが立ちこめる中で出迎えてくれた花々。
夏山の賑わいを演出してくれる「ハクサンイチゲ」。

「残雪の新山」と「御浜のハクサンイチゲ」は絵になる風景だけれど、今年は残念。









鳥海湖付近のハクサンイチゲは終わり。

  


Posted by bin at 22:10Comments(0)鳥海山の花

2017年07月18日

鳥海山の花「ニッコウキスゲ」

この時期の東北の山はお花のオンパレード。
のはずだけれど、どうもおかしい。花が種類、数とも少ない。

今回、「御浜のニッコウキスゲ今年はいいよ」と、滝の小屋の管理人瀬川さんに教えてもらい、
是非行こうと決めました。







やっぱりニッコウキスゲは、ガスの中より、青空・白い雲の背景の方が「黄色の魅力」が引き立つ。  


Posted by bin at 23:00Comments(0)鳥海山の花

2016年08月07日

夏山の花たち

ハクサンイチゲ

ミヤマリンドウ

クルマユリ







  


Posted by bin at 12:28Comments(0)鳥海山の花

2016年08月05日

チングルマ

笙ケ岳の鞍部では雪解けが遅く、ちょうど見ごろ。
雪の残り具合で、今が盛りのチングルマ。
他のエリアではもう綿毛になっているけれど、


大平コース河原宿のチングルマ。



  


Posted by bin at 21:28Comments(0)鳥海山の花

2016年08月03日

笙ケ岳のニッコウキスゲ

先週の鳥海山「湯の台コース」では、ニッコウキスゲと十分ふれあうことが出来なかった。
今回の「大平コース」はいいタイミングでした。





強い日射しと黄色のニッコウキスゲ、夏山の象徴。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2016年07月28日

ニッコウキスゲ

夏山と言えばニッコウキスゲの印象が強い。
今年は、月山弥陀ヶ原でかろうじて触れ合うことができたが、
鳥海山河原宿・薊坂コースではほとんどなし。
河原宿の「立入禁止エリア」にわずかと、「心字雪渓」西側にわずか。
どちらも、ズームで対応。


昔は、河原宿一面がニッコウキスゲだった。
それが山に惹かれるきっかけだった。
今は笹薮になって、肩身の狭い思いをして咲いている。

でも、やっぱり夏山には「ニッコウキスゲ」と「コバイケイソウ」が似合う。

「心字雪渓」西側。


河原宿の片隅で




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2016年07月27日

チョウカイフスマ

今回の鳥海山、主目的は「チョウカイフスマ」に会うこと。

今年の山の花、鳥海山と月山を見る限り、花の数、種類とも少なく感じる。
夏山の代名詞、「ニッコウキスゲ」もルートそばにはなくズームを使わないと撮れない。
「コバイケイソウ」も今回のコースでは皆無。来年は期待できるのだろうか。

「チョウカイフスマ」は、数は多くないと見たが、タイミング良かった。






「チョウカイフスマ」と同じく、鳥海山の固有種「チョウカイアザミ」。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2016年06月15日

鳥海山「夏の花」

目に青葉、山ホトギス・・・・・、まさにその風景。
山の花々も春から夏へ。

チングルマ
















  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2016年05月26日

鳥海山「ミネザクラ」

先週末、酒田市のK氏からメールをいただきました
鳥海山鉾立コースの「ミネザクラ」が見応えあると。
今回そのコースを選びました。

ミネザクラ、間に合いました。
青空に映えていました。


タムシバも。


シラネアオイも今が旬。


ナナカマドの新緑。


オオバキスミレかな?

  


Posted by bin at 06:28Comments(5)鳥海山の花

2016年04月27日

マンサクの花

今年、初めて春山の花「マンサク」をジックリ見ました。

全体的に季節は前倒しだけれど、マンサクは平年通りかな。
あるいは開花期間が長いのでこれまで長持ちしていた?

それにしても、暑い日差しを受け、残雪の道を汗ばみながら登る際中、
この花に出会うとなんとなく、春山に来てよかったとほっこり気分になる。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2015年08月07日

鳥海山の花たち

鳥海山、日差しは「真夏」。
でも、花たちは夏一色から秋の花も混じり始めた。


今年の山の花は、雨が少なかったのかわからないけれど、
数も大きさも、小さくまとまって、こじんまりした感じ。












  


Posted by bin at 21:44Comments(0)鳥海山の花

2015年08月06日

チョウカイフスマ



今回の鳥海山、暑い中登った理由の一つ、鳥海山の固有種「チョウカイフスマ」に会うため。
花自体は1cmもないかわいい白い花。旬は7月下旬~8月。
特に今年は花全体が早まっているので遅かったかなと思いつつ目指しました。
新山周辺と七高山分岐付近は今年、少ないし小さい。
伏拝岳を過ぎ、文殊岳下りのところがちょうど見頃。
のんびり写真撮りできました。








  


2015年06月12日

シラネアオイ

鳥海山の花々、梅雨に入ると多様になって楽しい。
今は、ハクサンイチゲとショウジョウバカマが賑やか。

一週間前にガスと低温でぐったりしていた「シラネアオイ」、元気な姿を見せてくれました。
「可憐」という雰囲気ではないが、薄紫の花は「高貴さ」を感じる。




その他の花々





  


Posted by bin at 06:28Comments(4)鳥海山の花

2015年06月02日

笙ケ岳「ハクサンイチゲ」

笙ケ岳のハクサンイチゲ
今回の目的の1つ、ハクサンイチゲの様子見。



風景は何も見えず。
じっくり花の観賞。





タムシバとショウジョウバカマが最盛期。

その他の花は、
低温、日照無し、ガスの濡れでパッとしない。




  


Posted by bin at 06:27Comments(2)鳥海山の花

2014年09月28日

鳥海山の花たち

鳥海の花、今シーズンも最後。

秋の花たち





花ではないけれど「ナナカマドの実」


紅葉
イワベンケイ

チョウカイフスマ(群落)

チングルマ




雪田の雪が遅く残っていたところに、今、夏の花が

ハクサンイチゲ

ウサギギク

ハクサンフウロ


ダイモンジソウ


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山の花

2014年09月10日

鳥海山、秋の花

今回の鳥海山は単独行でなかったために花の画像撮れなかった。

リンドウ



それにしても今年の花は「不作」。
量も少ないし、質もイマイチ。

これからの紅葉に期待。  


Posted by bin at 06:27Comments(0)鳥海山の花