2018年09月29日

北アルプス「槍ヶ岳」下山

当初の計画では、槍ヶ岳の後は奥穂高に向かう。
この日の難関、大キレッとは歩きたいという欲求と単独行という不安が同居。
それ以上に、翌日の天気見込みは終日雨。
雨の岩場の下りはリスクが高い。
一歩のミスが大事故に。

ちょっと悩んだ結果、晴れている間に下山することに。

日の出前の「槍ヶ岳」。



朝焼け。


モルゲンロート。






ひたすら下って、上高地手前「徳澤園」&人気のソフトクリーム。


上高地明神池、ゴール直前

  


Posted by bin at 06:00Comments(4)北アルプス

2018年09月28日

北アルプス「槍ヶ岳山頂」

天狗原で小一時間楽しんだ後、30分ほどかけてメインルート分岐までもどる。
ここから2時間半ほど本格的な登りで、今夜の宿泊の「槍ヶ岳山荘」。
樹林限界を超えて、岩山を登る。
最近の山は、男性より元気な女性が圧倒的に多い。
槍も同じ。
何気なく聞こえる会話は、北アルプスをホームにして楽しんでいる人ばかり。
東北の山は優しく包んでくれる雰囲気がいい。だけど、年1回、この荒々しさに触れるのも魅力。

槍ヶ岳山荘に着いて、宿泊手続き。
荷物を小屋前において、サブザックで頂上を目指す。
コースタイムでは上り30分、下り30分。
登っている風景を見上げると、中腹で渋滞。
朝は快晴だったけれど、雲が出てきた。
天気は一時的に下り気味。




山頂.
15~20人ほどで頂上は一杯。
360度の展望。




下り。下に見えるのが今晩の宿泊「槍ヶ岳山荘」。







  


Posted by bin at 06:01Comments(2)北アルプス

2018年09月27日

北アルプス「天狗池」

「槍ヶ岳」登山2日目。
頂上を目指して4:50に槍沢ロッヂ出発。

ヘッドランプを頼りに進む。
途中、今回の楽しみの1つ「天狗池」への寄り道。
頂上を目指したメインルートから左に外れて30分くらい。



別次元を体感。
風が凪ぐと、「天狗池」の水面に槍ヶ岳が写る。
ここでモーニングコーヒーを楽しむことがメインイベントの1つ。
ドリップコーヒーを出し終えて、場所の整理をしているとき、ザックにカップをひっかけてひっくり返し。
もう一杯、出し直し。


至福のひととき。。

メインコースから外れているけれど、次々と来訪者が絶えない。

45分ほどくつろいで、本来のコースに復帰。
再度ピークに向かう。

途中の紅葉。翌週が見ごろ。




  


Posted by bin at 06:50Comments(4)北アルプス

2018年09月26日

北アルプス「槍ヶ岳」

長野の出かけた目的、去年から計画していた北アルプス「槍ヶ岳」登山。
去年の剱岳登山の際、滋賀県のS氏と「来年は槍ヶ岳」という約束をした。
その後、打合せを重ねて、「槍・穂高」の両方にということになった。
登る前日、松本のホテルについた時点で、S氏から「都合つかない」とキャンセルの電話。
食料・装備はもともと個人の責任なので特別問題はない。
「単独行」という自覚だけ切り替え。
ちょっと寂しい登山になりそう。

早朝、5:30松本バスターミナルを上高地に向けて出発。
天気は雨。この日はもともとその覚悟をしていた。
7:30、上高地着。本降りの雨。みんな雨具を装着。



河童橋も閑散状態、穂高の山並みも何も見えない。


ぬかるみを避けて黙々と歩を進める。横尾まで3時間。


途中「明神池」付近で空が明るくなる。


「横尾」で、「穂高グループ」と「槍グループ」に分かれる。


私は「槍ヶ岳コース」へ。


横尾で雨具を脱ぐ、途中青空も顔をのぞかせてくれる。


この日の泊り、「槍沢ロッヂ」。


夏ほどではないけれど、混んでいて廊下はこんな風景。



「明日は晴れる」、と期待して就寝。
消灯20:30。






  


Posted by bin at 06:00Comments(2)北アルプス