2010年06月30日

ホタル

庄内町(旧立川町)の二俣農村公園。
ホタルたちの饗宴を期待して、仕事が終わってから寄り道。
時期が悪いのか、天気のせいか、「パッ」としませんでした。

画像1枚だけ。




去年の画像。


  


Posted by bin at 06:28Comments(2)山形の自然

2010年06月29日

月山筍採り・お花

今回の「月山筍採り」の目的の1つ、「お花見」。
花を愛でながらの、優雅な「筍採り」を楽しんできました。

ミズバショウ

ショウジョウバカマ(笹藪の中)

シラネアオイ(笹藪の中)



  


Posted by bin at 06:28Comments(2)月山

2010年06月28日

月山筍採り

筍を採りに行ったのか、登山を楽しみにいったのか、花を愛でにいったのか・・・・。
すべてを満喫してきました。

今回の収穫(一部)



笹藪入り口



月山筍



普通の山登りと違って、
久しぶりに「ザックが肩に食い込む感触」を体感してきました。

下りの風景

  


Posted by bin at 06:28Comments(2)月山

2010年06月27日

月山筍・登山の部

月山筍採り。

今回の目的。
①山登り
②月山筍採り
③お花


湯殿山スキー場から入山。
入山料1,000円/1人。
毎年、Mさんとでかけています。
今がちょうど適期。
夜明け前なのに、車道終点には30台ほどの車。
入山管理人さんの話だと「もう30台は入山するだろう」とのこと。


目的地までは、2時間ほどの「登山」。

登り始めて1時間半、稜線にでる。


遠くに鳥海山



途中の休憩点(登り始めて1時間くらい)


日が当たってきました。
暑くなりそう。



周囲の風景
朝日連峰


月山(八合目方向)


目的地周辺


結構、汗をかきました。
  


Posted by bin at 11:28Comments(2)月山

2010年06月26日

ねぎぼうず?

ウラの畑にあった「ねぎぼうず」。
観賞用?

きれいだったので、Kaさんにことわらず撮っちゃいました。
  


Posted by bin at 06:28Comments(3)暮らし・生活

2010年06月25日

デジカメ買いました。

今月初め、朝日大鳥池で落としたデジカメ、出てきませんでした。
タキタロウ山荘の管理人さん宛にメール、鶴岡警察署に、紛失届を提出。
反応がありません。
雨露にシッカリ浸っているかな・・・・・。


代わりに、ずっとKaさんのカメラ借りていましたが、更新しました。
同じFUJIFILMのFainPixシリーズ。
最新「80EXR」。
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)日記/一般

2010年06月24日

羆撃ち -くまうち-

ハンター本人が書いた、大自然の息づかいが感じられる本でした。
きめ細やかな文章表現が、情景を思い描かせてくれる。
読みやすく、楽しめました。



「ヒグマ」と「羆ハンター」との対峙、真剣勝負。
単なる殺戮だけの、無骨なハンターではない。
自然に対し畏敬の念を持ち続けて、自分自身も自然の一部になりきる。
体感者でなければ書けないリアル感。
自然の描写が、とても繊細で緻密。
豊かな感性と、その表現力がすごいと感じました。

本の帯には「必涙。」と書いてありました。
本当でした。
  


Posted by bin at 06:26Comments(0)読書

2010年06月23日

孤高のメス

久しぶりのイオンシネマです。
見たい映画が、また、たまりました。

今回は、「孤高のメス」。

最初の手術の風景は目をそらしたくなるところもありましたが、
2時間ちょっとの時間、十分、楽しめました。
良かったです。

ハンカチもあったほうがいいかも。





  


Posted by bin at 06:27Comments(0)映画

2010年06月22日

利尻のクマさん

「利尻のクマさん」といってもヒグマではありません。
北海道ですが、利尻にはクマさんはいないことになっています。



海岸で、右方向の餌を狙っているクマ、イワクマさんです。
言われると納得です。
正式名称は「寝熊の岩」とのこと。
  


Posted by bin at 06:26Comments(0)利尻山

2010年06月21日

鶴間池

日曜日は雨の予報。
本格的な山登りは、見晴らしが良くないと消化不良をおこす。
標高の低いところでガマン。

午前中は降らないと期待して、山の空気を吸いに「鶴間池」へ。

残念ながら、ガスで何も見えませんでした。


いつもはこの下に「鶴間池」がみえる。


池への入り口


下りていく気力も出ず、戻ってきました。



せめてガスがなければ、今の時期は・・・・・。
2007.6.10



のはずでした。  


Posted by bin at 06:27Comments(8)鳥海山

2010年06月20日

発見!漬物王子

関東出張でした。
「SATY」に立ち寄ったら、つけものコーナーで「漬物王子」発見。

本人でなくパッケージで。
これまでの山形のだしとは違う、新しいバージョン。
「スタミナだしラー油入り」。

今話題の「ラー油」と人気の「山形のだし」、売れっ子同士のコラボ。
1個買ってきました。

ご飯にかけてもうまかったし、ギョウザにたっぷりかけるのもさらに良かった。
相性ばっちりでした。
オススメ。
  


Posted by bin at 00:02Comments(3)食の話題

2010年06月19日

露天風呂・借景

汗を流した後の、お風呂、最高!

町営施設の温泉施設。
2回入りました。

露天風呂が特に良かった。
熱過ぎず、外気で体のほてりを発散しながら・・・。


「借景」の利尻山が抜群でした。

  


Posted by bin at 06:25Comments(0)利尻山

2010年06月18日

利尻島内周回

帰りの飛行機までの時間、島内周回。
時間があれば、自転車もありだったけど、今回は「バス」。


見るポイントで山の形が変化する。
360°各ポイントから。

宿泊先の窓から


スタートは、「鴛泊港」


姫沼




オタトマリ沼


仙法志御崎公園




見返台園地展望台(沓形コース、標高500m)

  


Posted by bin at 06:27Comments(2)利尻山

2010年06月17日

白い恋人

北海道土産の定番、「白い恋人」。

初めて知りました。
海外の山とばかり思ってました。
パッケージに印刷されているのは、オタトマリ沼からの「利尻山」だそうです。


  


Posted by bin at 19:27Comments(2)利尻山

2010年06月16日

「利尻」の花々

この時期の「利尻」を選んだのは、『高山植物』が目的の1つ。
でも、山形で『高山植物』といっているものが、麓でも見られる「利尻」。

リシリヒナゲシ
(利尻の代表花。昔は利尻岳八合目より上だけだったが、今は海岸の礫の間にも)


エゾハクサンイチゲ           チシマフウロ


エゾエンゴサク              イワベンケイ 


マイヅルソウ               ウコンウツギ


エゾカンゾウ               ツバメオモト


オオバナノエンレイソウ         クロユリ


ミヤマオダマキ              ザゼンソウ 


リシリゲンゲ                ハクサンチドリ




多くの人は、「礼文島」が先か、「利尻島」が先か、フェリーで「礼文島」とハシゴするみたい。
隣の島同士でありながら、島の成り立ち、「花」の魅力、別のようです。
時間をゆっくり取れたら、いつか行きたい。  


Posted by bin at 19:27Comments(4)利尻山

2010年06月15日

利尻山登山

いよいよ登りの話題です。

利尻山頂上と「ローソク岩」。



今回のコースは「鴛泊」。
中級者向けとのこと。
当初、「沓形コース」から入って「鴛泊コース」に抜ける計画を立てましたが、
同行のKさんの事前調査で、雪渓トラバス、落石・崩落でリスクが高いとの評価。
北海道で事故るのも問題と思い、「鴛泊コース」に。

中だるみのほとんどない、登りっぱなしの山でした。
エゾマツ、トドマツの林が北海道の雰囲気を感じさせてくれました。


登山開始は、北麓野営場から。
3合目、日本最北の湧水「甘露泉水」。

正直、おいしかったです。
(ちなみに、島内の水源は同質。さらし粉臭くもなく、鉄臭くもなく美味しい水道でした。)



頂上の社。


スクリューも供えてある。




沓形ルート方向。






礼文島


鷲泊港


この日は終日快晴。
東北の山と変わりない暑さ。
3日前までは、寒かったとのこと。

曇っていたら今回の感動は、十分の一以下だったと思います。
感激でした。  


Posted by bin at 19:28Comments(6)利尻山

2010年06月14日

利尻の海

利尻島着陸。

宿泊先のご主人が空港まで出迎えてくれました。
荷物を置いて、翌日のための買い出し。
コンビニで行動食、ホームセンターでガスボンベを購入。
(ガスボンベ、機内持ち込み禁止品ということで秋田空港で没収されました。)

鴛泊の町の端から端まで歩く。
途中、「ペシ岬」と「夕日の丘」に登って景色を楽しみました。





奥の水平線に見えるのが「礼文島」。



鴛泊港からの利尻山





登りは翌朝早めに。  


Posted by bin at 21:58Comments(1)利尻山

2010年06月13日

利尻

昨年から計画していた利尻。
昔の山仲間(北海道在住)といってきました。

空港で


ANAからの画像
利尻島

サロベツ原野


利尻空港で
  


Posted by bin at 19:27Comments(6)利尻山

2010年06月12日

ゲイは国を助く

ゲイは「鯨(げい)」でした。

日本経済新聞に毎週掲載、「食あれば楽あり」の筆者、東京農大の小泉武夫氏の著。

日本人と鯨の古い関わり。
捕った鯨、1頭1頭に戒名をつけるほど貴重な存在としてきた。
捕鯨団体と反捕鯨団体の主張。
食料は、戦略物資になってしまうetc.



一部紹介。
・・・、なぜ鯨を食べていけないのか、ということになると、
「絶滅危惧種だから」とか「知性を持っているから」「クジラがかわいそうだから」
「クジラは地球環境を守るシンボルだから」といった答えが返ってくる。
しかし・・・・種によってはむしろ増えすぎておりクジラだからといって絶滅危惧種ではないし、
クジラに知性があるかどうかは証明されているわけではない。
かわいそうなら別の動物だって同じだ。
・・・・・牛や豚を飼う方がクジラを捕るより地球環境を汚すといわれている。

  


Posted by bin at 19:27Comments(0)読書

2010年06月11日

ウチの庭のさくらんぼ

そろそろ鳥が狙ってます。
ネットをかけてあげないと、色づく瞬間、消えてしまいます。
鳥たちも生活がかかっています。
バトル開始。

  


Posted by bin at 19:27Comments(2)日記/一般