2016年08月15日

以東岳のお花

画像添付忘れ、upし直し。

今回の朝日「以東岳」、大鳥池を半周して直登、そのまま引き返す計画だったけれど、
途中すれ違った登山者と会話している中で、「稜線のお花畑とても良かった」と言われ、その気に。
周回コースは一気に距離が延びるけれど、お花の誘いに乗って決定。

頂上でアキアカネが飛び交うおだやかな風景と、気持ちのいい風に時間を忘れ、大幅に休憩時間をとってしまった。
通常、どの山も13時を下山開始のタイムリミットとしているけれど今回14時。

この先の時間が読めなかったので、お花の写真は流し撮り。






ナナカマドも紅葉が始まり。

  


Posted by bin at 13:10Comments(0)朝日連峰

2016年08月14日

以東岳避難小屋

2年ほど前に、雪と風で損壊した「以東岳避難小屋」。
今はない。

今回出かけたら、再建の基礎工事をやっていました。





鶴岡市の建設業者さんが請け負っていました。
以東岳に登る途中、その社長さんと出会いました。
登山口の看板。


今年は基礎工事のみ(9/15まで)。
来シーズン、本体完成でしょうか。

ヘリで資材の荷揚げを一所懸命やっていました。




現場担当の方にお願いして、水を200cc分けてもらいました。
登りで、水を予定外に消耗したので予備のために。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2016年08月13日

大鳥池

大鳥池。



朝日連峰「以東岳」に登るには、西川町側と朝日鉱泉からの縦走コースもあるが、
庄内側は、鶴岡市(旧朝日村)大鳥から。




冷水沢吊り橋と七つ滝沢吊り橋


うっそうと茂るブナの森。
下界は真夏日の気温だけれど、緑陰ということでさわやか。
早朝ということもあるが清々しい。
合わせて、このコースは水が豊富。
コース途中の水場、立ち止まってつい飲んでしまう。
冷たくて、個人的に甘みを感じる(そんなはずはないのはわかっているが)。
いいペースで「タキタロウ山荘」に到着。

登りの時は誰もいない。下りの時は宿泊者で大賑わい。


池は静寂そのもの。



強い日射しを受けて、緑と青のコントラストが夏の雰囲気を演出してくれる。

下山時にまた立ち寄り。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2016年08月12日

山の日「朝日以東岳」

8月11日、今年から「山の日」に。
記念すべき第1回目。
朝日連峰北端「以東岳」にお出かけ。
この前の日曜日に計画した山域。
その時は、予想気温が高すぎて熱中症のリスク。中止。

今回のコース、大鳥池を半周してから直登。
5月に冬道・夏道の接点がわからず断念したコース。

頂上


頂上の風景と一等三角点


頂上からの大鳥池(熊の皮)


朝日連峰主稜線


朝日連峰主峰「大朝日岳」


月山の方向


直登コースから頂上へ、オツボ峰を経由して周回コース。大鳥池へ戻って下山。
登山口泡滝ダムに到着19:00。


12時間半の行動。
頂上でのんびりしすぎた。
でも想定内。  


Posted by bin at 06:28Comments(2)朝日連峰

2016年06月03日

朝日大鳥の花・花・花

山々は、緑が鮮やか。
そして、梅雨に入るこれからが本格的な「お花の季節」。

今年の山は雪解けが早く、一気に「夏」へ。
日射しが暑い。

でも花々は、まだ春の花の名残。
















  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2016年06月02日

ブナの発芽



去年の秋はブナの実が豊作とのことだった。
今、その実から一斉に発芽。




この内、何本が成木に育つのか。

いつかはこんなブナの森の木の1本に。

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2016年06月01日

大鳥池から先・・・・

大鳥池池畔の「たきたろう山荘」で、休憩。
外で休んでいると「ブヨ」がまとわりつき、休んだ気がしない。
まだ管理人は入っていないけれど、休憩料200円を料金箱へ。
カップ麺、おにぎり、そしてコーヒー。

休憩後、本来の目的地「以東岳」を目指す。
5分ほどで、分岐点。
オツボ峰コース4時間と直登コース2時間半の表示。
オツボ峰コースだと、行って帰って、さらに大鳥池から泡滝まで下山。
totalすると17時過ぎる。
迷わず直登コースを選択。(最近通っていない、しかも下山のみ)
大鳥池を眺めながら池のほとりを歩いて半周。



沢を渡渉して、さて登り・・・・・ 


夏道が残雪に埋もれ途切れる。
雪の上に、トレースも残っていない(しばらく誰も登っていない?)
地図上では間違いないはずだけれど、尾根への取り付きがわからない。
40分ほど、行ったり来たり。


以東岳、断念。
来た道を戻る。
以東岳から嫌われてしまった。3回連続でボイコットにあってしまった。
めげずに近いうちリベンジする(今年中、たぶん10月の紅葉時)。
雪のない時に、再びこの場に立ったときは、「なんだ、こんなんだったんだ」と笑っちゃいそう。

池半周の往路

池半周の復路(同じ場所だけれど波立ってしまった)

  


Posted by bin at 06:28Comments(2)朝日連峰

2016年05月31日

朝日、大鳥池

5/29(日)の大鳥池。




今年は毎週日曜日、天気がいい。
昨年は、日曜日ごとに天気がぐずついた。
例年5月最終は朝日連峰大鳥池・以東岳を予定。
でも最終の以東岳ピークまでは行けていない。今年こそ・・・・

いつもはこの時期、アイゼン・ピッケル携行。
今年は大鳥池まで、雪はほとんどなし。
夏道。
日なたぼっこしているヘビさんとも何度か遭遇。

「泡滝ダム」登山口


「冷水沢」吊り橋


緑がいっぱい


このエリアは水も豊富                 ヘビさんも日なたぼっこ


2時間半ほど歩いて、静寂の中の「大鳥池」


たきたろう山荘


山荘前からの風景


  


Posted by bin at 06:28Comments(4)朝日連峰

2016年05月06日

湯ったり館

朝日登山、コース変更したことで下山時間が早まった。
せっかくのチャンスなので、途中の大井沢「湯ったり館」に立ち寄ってお風呂。
オープンしたときに1回立ち寄ってそれ以来。
風呂に入ってサッパリ。
横になりたいところだったけれど、運転がつらくなると思い我慢。
「萌え」の風景を眺めながら帰路に。
途中、R112号、GWのために下り線「自然渋滞」。
月山第一トンネルから湯殿山ICまでのろのろ。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2016年05月05日

朝日、春の花

朝日連峰古寺コースは、大朝日岳を目指すには最短ルート。
目標地点を「小朝日」にしたことで時間に多少余裕。

「花」と「新緑(萌え)」を楽しみながら下山。









  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2016年05月04日

春の朝日岳

小朝日からの大朝日岳

小朝日から以東岳



天気図的には絶好の登山日和。
一泊したいところだけれど、4日に予定が入っている。
もともと、4日の天気はよくない。

古寺鉱泉から古寺山・小朝日・大朝日ピストン。
昔は楽に日帰りできたコースだけれど、近年は頑張らないときつい。
という気持ちで出かけました。

5:05、登山口の古寺鉱泉に到着。
打ち合わせしたわけでもないけど、鶴岡のS氏が先に着いていいました。
「GW中、天気がいいのはこの日だけ」と考えることは同じ。
S氏は身支度が済んでいたので、「先行」してもらいました。

雪は極端に少ない。
例年だと、古寺鉱泉までの車道の両サイドも雪がいっぱいなのに、今回は全然なし。
登山道もしっかり夏道が出ている。
アイゼンも持って行ったけど、雪が柔らかくて不要。
お荷物に。

月山

障子が岳

古寺山から小朝日岳


春のまぶしい日射しをいっぱい浴びて、風もなく、「暑い」。
眺めはいい。

小朝日でS氏と合流。
いつも元気なS氏、ヒザに違和感があるとのことで、「小朝日で戻る」と。

小朝日から大朝日ピストンは今の時期、往復4時間。
行けなくはないが、結構ハード。
今回は無理をしないことに。
一緒に下山。
この日の目的地を「小朝日」に変更。

そうと決まれば、緊張感薄れる。
時間を気にしない、「のんびり余裕の山行」を楽しむことに。



下山途中のS氏。

  


Posted by bin at 06:28Comments(2)朝日連峰

2015年10月22日

登山道保全作業

8月末に、登山道修繕の資材荷揚げに微力の協力。
現地を見るのが今回の朝日行きの目的の1つ。

きれいに整備されていました。

銀玉水上の修復現場






銀玉水


作業風景は、こちら。
(私は参加しておりません)
http://www.iideasahi.jp/1917.html
  


Posted by bin at 06:27Comments(0)朝日連峰

2015年10月21日

大朝日岳山頂

天気予報を信頼して「摩耶山秋の登山会」の予定を変更。
せっかくの好天を生かすには・・・・。
熟慮の結果、「大朝日古寺コース」という一番無難な線を選択。

大朝日岳山頂


朝日連峰主稜線
頂上に着くまでは視界が悪かったけれど、頂上に着くのと時を同じくして晴れ渡りました。
感謝!!!


大朝日岳


飯豊連峰遠景・祝瓶山一部


初冬の雰囲気(ダケカンバ)




  


Posted by bin at 06:28Comments(2)朝日連峰

2015年10月20日

朝日・紅葉三昧

日曜日、例年は摩耶山の紅葉と新そばを味わう「摩耶山秋の登山会」に参加。
今年もその予定だったけど、想定外に今年は天気が良い予報。
摩耶山はまだまだチャンスがある。
今回はせっかくの好天なのでもっと標高の高い所に行くことに。

鳥海山、月山の紅葉は直近で行っているので除外。
飯豊の日帰りは夜中の1時で出ないと日帰りは厳しい。
日ごろの訓練が足りない。
考えた結果、「朝日」に決定。

そして、朝日のどこに行くか。
「以東岳」か「大朝日岳」か。
最終的に、1つの目的があって大朝日古寺ルートに絞り込み。











  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2015年08月20日

アキアカネ

山の上は今、夏と秋が混在。

お昼を過ぎると、「アキアカネ」が飛び交う風景。

古寺山山頂。







熱い石の上で休憩中。  


Posted by bin at 06:27Comments(0)朝日連峰

2015年08月19日

朝日の花々

朝日連峰の夏の花々。

夏の花と秋の花、ちょうど切り替わりの時期。
今が端境期。
少ない。

稜線上、「銀玉水」近くでかろうじて咲いていました。








  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2015年08月18日

朝日連峰登山道保全作業

以前からネットを見て気になっていた、朝日連峰の「銀玉水」上部の山道保全活動。
実際の保全作業は土日なので参加できないけれど、
「保全資材の荷上げ」の応援呼びかけには対応できそう。

朝日には数十年来の恩がある。
事故に遭遇せず、いろいろな角度から楽しませてもらっている。
日中の夏山は暑くてバテバテ、敬遠したかったけれども、
私にできるこれまでの「恩返し」のつもりで「資材荷揚げ」の応援。
今回の山行きの「朝日」選択の理由はこれ。


古寺鉱泉駐車場にある「荷上げ資材」

1袋取り出し。
中身は植栽保護ネット?
重くはない。


大朝日小屋と銀玉水の間の目的地に到着。
運び上げた物をブルーネットの中に収納。


ついでのつもりが、「本命」になってしまいました。


あまり認知されていないようなので「広報活動」。

保全作業用資材荷上げの案内
http://www.iideasahi.jp/2015asahiniage.pdf

保全作業参加応援の案内
http://www.iideasahi.jp/20150829asahihozenn.pdf

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2014年10月05日

朝日「以東岳」

鳥海山「百宅口」を計画しかけたが、工事中・通行止めで断念。
佐藤要さんの「山歩きの雑記帳」から、大鳥池・以東岳を計画。
ここの紅葉の見頃は、昔の体育の日10/10ころ。




装備、登山計画書(登山届け)を準備したが、
台風の影響か午後には雨になりそう。
以東岳ピストンには10時間必要。
あまりいい条件ではない。
次回かな。  


Posted by bin at 06:27Comments(2)朝日連峰

2014年06月07日

初夏の朝日の花々

雪の解けたところから、花々が咲きはじめる。

早春の花は一段落。
以東岳に向かえば、カタクリなどの群落もあるはずだったけど。

これから半月もすれば「梅雨入り」。
花たちはますます元気に、
そして山々は華やかになります。

今回の花々。













  


Posted by bin at 06:28Comments(0)朝日連峰

2014年05月06日

春山の花々

GWの朝日。
春山を満喫。

山はまだ浅い春だけれど、花たちは健気に咲いています。


古寺鉱泉登山道入り口


尾根に出て


古寺山~小朝日岳

  


Posted by bin at 06:28Comments(2)朝日連峰