2013年03月31日

隅田川のサクラ

羽田空港、帰りは最終便。
時間があったので浅草で途中下車。
川辺のサクラはピークを過ぎ、「散り」の真っ最中。
ちょっとタイミングがズレました。

隅田川沿いのサクラ。








スカイツリー。
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)出張・お出かけ

2013年03月30日

山岳登山保険

「満期」の案内が届きました。
「山岳登山保険」3年契約もの。
使うことはないつもりの「保険」。
でも、いつ何がおきるか今の時代分からない。



それでも、やっぱり「登山は自己責任」。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)日記/一般

2013年03月29日

「新しい国へ」安倍晋三著

アベノミックス。
高い支持率を維持している安倍総理の本「新しい国へ」。
2006年刊行の『美しい国へ』に「増補最終章」が加わった形。



『美しい国へ』もかつて読んでいたけどすっかり忘れていました。
いい復習になりました。



  


Posted by bin at 06:28Comments(0)読書

2013年03月28日

新メニュー

いつも山での憩い。
ミニカップラーメンとコーヒー。
今回の月山森、日清カップラーメンの代わりに新メニュー。


コーヒーは今までどおり。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2013年03月27日

「ちどり」さん

遅い昼食。
鳥海山、月山森から降りて、毎度の「ちどり」さん。
「中華」普通盛。



細麺、くどくない優しい味、汗を流した後の塩分補給(しょっぱくはない)。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2013年03月26日

鳥海山 月山森②

鳥海山を下りて、帰る途中。
月光川からの鳥海山。
「おくりびと」でおなじみの風景。
(季節的には映画より早い)


今回の月山森の山行、矢印から矢印まで。


  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2013年03月25日

鳥海山 月山森

鳥海山、月山森近く


前日の天気予報を見ると「午前中晴れ」。
1週間ずれたけれど、鳥海山「月山森」のチャンス。

庄内町からの鳥海山はボンヤリ。
クッキリではない。
これから晴れることを期待してスタート。



登山口「さんゆう」の駐車場で準備をしていたら、1台の車が入ってきました。
登山者に挨拶をしたら、1月に金峯山・鎧ケ峰をご一緒した「I氏」でした。

登山開始時点で青空。


「I氏」はスキー、私はカンジキ。
途中まで一緒(画像右端)。



鈴木小屋
前回は2階の窓から出入りした。
今年は雪が少ない?


ブナ林。
私の好きな場所。



樹林限界。ここで休憩。


稜線。


稜線に出る手前で、先行した「I氏」が戻ってきた。
「風が強い」、「アイゼンをつけないと」、「外輪は見えない」とのこと。

20分ほど歩いて稜線。
「風が強い」、「バランスを崩しそう」、「寒い」

外輪方向(何も見えない)


晴れて、晴れて、晴れて・・・・・と念力。


晴れました。

感謝!感謝!です。

笙ケ岳・御浜方向

  


Posted by bin at 06:28Comments(4)鳥海山の春

2013年03月24日

山形県写真展





今年も出品しました。
山形県写真展。
第47回。
山形市美術館。
今日3/24(日)まで。

今年の私の1枚です。


入選はできても、入賞の壁は厚く高い。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)日記/一般

2013年03月23日

山歩きの雑記帳17



発行人「佐藤要」さんからいただきました。
「山歩きの雑記帳No.17」。

秋田太平山、稲倉岳、月山森、鳥海山、与蔵沼、高館山。
どれも身近な話で楽しく読めました。

「月山森」の投稿者、「三浦孝子」さんは、以前、月山森でお会いしていました。
(先日、S氏と摩耶山に行ったときS氏からお聞きしました)
http://kimama.n-da.jp/e33047.html


「鳥海山の強力(ごうりき)」。

伊勢神宮と同じく、20年毎に「式年造営」(建替え)が行われる鳥海山頂上の大物忌神社。
建替えの木材を運ぶには、ヘリコプターを使う以前は人力。
その強力たちの話が、写真入りで詳しくありました。
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)読書

2013年03月22日

飯豊山

この冬は、天候の関係でなかなか見ることができなかった空からの飯豊山。
ANA機で東京から庄内空港へ。

そろそろかなと顔をあげ、窓の外を見たら、いきなり雲海の中から姿を現しました。
近寄りがたい勇壮な姿は、この時期の飯豊連峰の醍醐味。






雲海


  


Posted by bin at 06:27Comments(0)空から

2013年03月21日

映画「プラチナデータ」

イオンシネマ三川で映画「プラチナデータ」。
素直に面白かったです。
DNAで、「心」まで決まる?



二宮和也さんと、豊川悦司さん似合っていました。  


Posted by bin at 06:28Comments(2)映画

2013年03月20日

いろは食堂

摩耶山の帰り、「わらび庵で蕎麦」がいつものコースだけれど、
湯田川解散だったのでそのまま大山の「いろは食堂」さんへ。
ラーメン普通盛。
汗をかいて、塩分不足?

でも健康を意識して通常は汁を飲まないけど、今回は特別でした。









  


Posted by bin at 06:28Comments(0)食の話題

2013年03月19日

摩耶山「霧氷」

3/17摩耶山の話題その2。

霧氷。
冬の余韻の冷え込みと、明るい春の日差しを浴びて輝く光景。
晩秋から初冬の暗いイメージの「霧氷」とは違った、華やかな風景。
青空にも映えて、キラリとした風景でした。











  


Posted by bin at 06:28Comments(0)山形の山

2013年03月18日

摩耶山

2月からねらっていた「摩耶山」。
曜日と天気がかみ合わずのびのびに。

3/17(日)にようやく決行。

去年は、単独行のラッセルに耐えられず途中で断念。
今回はいつも摩耶山をご一緒する鶴岡市のS氏と同行。
食料・装備・安全確認は単独行と同じだけど、同行者がいると安心感が違う。

この冬の休日は「荒天」続き。
今回の山行は見込みどおり「快晴」。
これまでの鬱積を一気に吹き飛ばしてくれました。
満足度150%。
いつも登っているS氏も大満足の表情でした。

摩耶山頂上からの、鉾ケ峰と鑓ケ峰


春の日差しをいっぱい浴びた霧氷


摩耶山頂上と月山


月山


頂上のS氏                 S氏からのブルマンコーヒー(背景は朝日連峰以東岳)


至福
S氏からのブルマンコーヒー           いつものカップラーメン
 

頂上で1時間半、風もなく春の日差しをいっぱい浴びて・・・・・
閉じ込められた冬から、これ以上ない開放感。
『四季感動の山形』そのものでした。

Sさん、コーヒーごちそうさまでした。
そして、いい時間ありがとうございました。  


Posted by bin at 06:28Comments(8)山形の山

2013年03月17日

好天の日曜に期待。

3/17、明日は日曜日。
今年の春山シーズン、初めての「快晴の日曜日」が期待できそう。
過度の期待は、外れたときのショックが大きいが、それでも期待する。



いい風景が撮れたらUp。  


Posted by bin at 00:01Comments(0)日記/一般

2013年03月16日

昨夕の鳥海山

昨日の夕方の鳥海山。
1日の疲れが癒される、極めつきの眺めでした。





週末の天気もこうだったらいいんだけれど。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2013年03月15日

東京は「春」

東京は部分的に「春」。

桜が咲いていました。

でも、風はとても冷たい。
おかげで花粉を吸わずに帰ってこられました。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2013年03月14日

昨日の朝

先日の青空の鳥海山に対して、昨日の鳥海山。
荒れる前の風景。

  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2013年03月13日

JR羽越線

春のJR羽越線。
新潟県内は、沿線、雪はなくなった。
鶴岡以北、田んぼは白く。
でも、あぜ道など土が見える。
春ももう一歩。





  


Posted by bin at 06:28Comments(0)出張・お出かけ

2013年03月12日

今朝の鳥海山

今朝の鳥海山。
久しぶりにきれいな姿を現してくれました。



いい1日にできそうです。  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山