2018年05月05日

文豪ストレイドッグス

別の映画上映で「予告編」を見て行こうと決めておいた「文豪ストレイドッグス」。
上映場所に行って、違和感。
大半が中学・高校生。
場違いな感じで、座っていて居心地があまりよくなかった。



もう少し事前調査すべきだった?
太宰治、中原中也、泉鏡花、芥川龍之介、国木田独歩、江戸川乱歩、谷崎潤一郎、宮沢賢治・・・・・。
何らかの関連で文学的要素が絡んでいるのかと思ったけれど、単純にアニメキャラクター名。
能力名が「人間失格」「細雪」「雨ニモマケズ」といった感じ。。

ライトが消えたあとの上映内容は、バトルアニメで面白い。
キャラクター、能力を憶えなければならないので多少ハンディ。
でも、オリジナルということで過去がわからなくても、それなりに話の流れは見える。
帰ってからネットでしっかり復習。

入場時に150ページほどの「文豪ストレイドッグス 太宰、昼夜、十五歳」が配布。
字が細かい。


  


Posted by bin at 07:28Comments(0)映画

2018年04月27日

酒田グリーンハウス証言集

鶴岡まちキネ、「世界一といわれた映画館」。
昭和51年の酒田大火の火元となった映画館「グリーンハウス」にまつわる証言集。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017公式上映作品。

映画評論家淀川長治氏に「世界一といわれた映画館」と言わしめた「グリーンハウス」。
証言者ひとりひとりにとっても「グリーンハウス」は人生の大きな一コマとして刻まれていました。
私も、高校時代にここで見た「戦争と平和」、「ロミオとジュリエット」、「小さな恋のメロディ」、
「太陽がいっぱい」etc.を思い起こしました。

酒田大火の話は別として、「グリーンハウス」は酒田の文化であり、
多くの人々に影響を与え続けた存在だったということを痛感しました。


  


Posted by bin at 06:00Comments(2)映画

2018年04月19日

イオンシネマ「コナン」

イオンシネマ三川。
「名探偵コナン」ゼロの執行人。

「布石」がいっぱい。
想像力をフル回転。
楽しめました。




  


Posted by bin at 06:04Comments(0)映画

2018年03月20日

「ちはやふる」結び

イオンシネマ三川、この日2本目。
「ちはやふる」。
17日封切り。

青春映画ということで観客は中高生とペアが大半。
でも、熱中する姿には年齢関係なく感動。
「上の句」「下の句」に引き続き「結び」、最終章。
百人一首の知識もないし、競技カルタに触れたこともないけれど、楽しめました。


  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2018年03月19日

[映画]北の桜守

吉永小百合主演の「北の桜守」。
当初は「鶴岡まちキネ」の予定だったけれど、時間が間に合わない。
「イオンシネマ三川」に変更。
『北の零年』『北のカナリアたち』に続く“北の三部作”最終章!
予告編で思い描いていてものと大きく違い、感情移入してしまいました。


  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2018年02月26日

映画「空海」

鶴岡で「おだやかな革命」を見たあと2・3件用を済ませてイオンシネマ三川へ。




「空海」。
始まったばかりの日曜日、結構混んでいる。
セットのスケールの大きさ、俳優陣など事前の話題はさまざま。
個人的にはややついて行けない部分も。
  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2018年02月25日

「映画」おだやかな革命

鶴岡まちなかキネマ。
「よみがえりレシピ」の渡辺智史監督。



これまでの「お金と物が集まる都市と、それに依存する地方」という構図が、緩んできている。
若い人たちが、地方の魅力に気づき、さまざま取り組む姿を描いたドキュメンタリー。

上映終了後、渡辺監督の背景の解説トークがありました。


  


Posted by bin at 20:28Comments(0)映画

2018年02月23日

プラハのモーツアルト

鶴岡まちキネ。
「プラハのモーツアルト」、最終日、最終上映。

国道、鶴岡市内に入る段階でとても混んでいた。
仕事を終えてからだったので着いたときは上映中。



20代の時はモーツアルトにドップリ・トコトン浸っていた。

映画はシナリオ通りの展開。
善し悪しは別にして、個人的には面白かった。
波長がかみ合った。

ちょっと無理したけれど、見に行って良かった。
  


Posted by bin at 23:10Comments(0)映画

2018年02月17日

不都合な真実2

鶴岡まちキネ「不都合な真実2」。



第1作目はみたかったけれど、タイミングが合わなかった。
それから10年たった。


この回は観客は私一人だけ、貸し切り状態。
環境問題への世間の意識はこの程度なのかな?

中身はアル・ゴア元アメリカ副大統領のメッセージ。

環境に対して今動かなければ大変なことになると騒がれているけれど実感が乏しい。
反面、10年前に科学者が言っていたことが、今、現実化している。

それにしても、ゴア氏の人類の未来のために動かなければと思う使命感はすごい。
そしてその感化を受けた人たちが世界で頑張っている。

2時間、有益でした。
で、今、私は何をしなければならないのか・・・・・。


今年の豪雪も、海水に抱き込まれた「大量の熱」のせいで水蒸気が大量に発生、その結果?


  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2018年02月15日

映画「小ぬか雨」

鶴岡まちキネ、朝10時からグッドモーニング時代劇。
藤沢周平「橋ものがたり」3部作、その3作目。
今回は「小ぬか雨」。

前の2作は面白かった。
今回は1時間、意外とあっさり終わってしまった。


  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2018年01月30日

映画「鎌倉ものがたり」

「寒梅忌」のあと、まちキネに。

「鎌倉ものがたり」、見るつもりなかったけれど、
前回、映画館で会った知人に「おもしろかったよ」といわれて見る気に。

Happy end、楽しめました。


  


Posted by bin at 21:45Comments(0)映画

2018年01月23日

ノクターナル・アニマルズ

日曜日、鶴岡まちキネ、映画2本立て。
午前中は藤沢周平「吹く風は秋」。
午後は、「ノクターナル・アニマルズ」。
刺激的ななオープニング。
映画のストーリーと、映画の中の小説を映像化したストーリーが同時進行。
2つの映像、なかなか頭の中でつながらない。

あとで解説を読んで納得。

映像はきれいでした。






  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2018年01月21日

鶴岡まちキネ「吹く風は秋」

鶴岡まちキネ、朝10時からグッドモーニング時代劇。
藤沢周平「橋ものがたり」3部作、その2作目。
今回は「吹く風は秋」。
1時間の映画。
素直にわかりやすかったです。
たのしめました。


  


Posted by bin at 23:50Comments(0)映画

2017年12月24日

映画「8年越しの花嫁」

鶴岡まちなかキネマ。

当初、「鎌倉ものがたり」を見る予定で出かけたけれど、急遽「8年越しの花嫁」に変更。





実話を元にした映画。
現実の世界では未来が見えない中での決断。
どうしても悲観的になりそうな中、すごいなと思いました。
とにかくHappy endでよかったけれど。  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2017年12月17日

映画「STARWARS」




イオンシネマ三川。
映画「スターウォーズ」最後のジェダイ。
もともと関心は薄かった映画だったけれど、
先日のTVで「エピソードⅦ」を見て面白そうだったので見に行ってきました。
まんまとはまってしまいました。
でも「Ⅶ」のおかげで、170分、素直に楽しめました。
面白かったです。
最終章もきっと行くと思います。

今回、ネットでの予約。
たまたま隣に座った方が、あさって、仕事でご一緒する予定だった鶴岡市のN氏。
この映画を見るに当たっては、選択肢はいっぱいのはずなのに、
その時間その空間が合致、しかも隣席とは世の中は狭い。

  


Posted by bin at 21:56Comments(2)映画

2017年12月10日

[映画]小さな橋で

日曜日、鶴岡まちなかキネマ。
グッドモーニング時代劇、「朝10時に時代劇を楽しもう!」という企画。
藤沢周平の作品を3作品。
その第2弾目、「小さな橋で」。







第1弾目「小ぬか雨」は、忘年会と重なって、見ることができなかった。


小説だと読み終えるには1日かかるけれど、映画だとそれに集中できるので2時間。
本での刺激とかたちはちがっても、映画は映画で感動は受ける。
見て良かったです。


次回、第3弾は、「吹く風は秋」。  


Posted by bin at 22:24Comments(0)映画

2017年12月01日

映画「妻への家路」

庄内町日中友好協会主催の映画鑑賞。
「妻への家路」。

響ホールで昼と夜の2部制。
私は18:00開始の方に出かけました。


  


Posted by bin at 21:28Comments(0)映画

2017年11月13日

[映画]ラストレシピ

日曜日、イオンシネマ三川。

「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶」。
いい流れ、いい結末の映画で楽しめました。


  


Posted by bin at 18:28Comments(0)映画

2017年10月30日

[映画]ブレードランナー2049







鶴岡まちなかキネマ、「ブレードランナー2049」。
AI(人工知能)が人間の脳の能力を追い越すと言われているのが2045年。

今でも、
欲しい情報はネットから。
教えてくれる教材はタブレット。
囲碁・将棋も棋譜を参考にせず、コンピュータ独自に失敗を繰り返した方が強くなる。
「おふくろの味」もネットレシピをみながら作ると、プロの味。失敗がない。
戦争もモニターを見ながらボタン操作。
スマホのない世界が想像つかない世代が増えている。

ますます楽を求め、考えず、働かなくなる人間。
24時間、1秒も休むことなく、働き続けるコンピューター。

映画の設定は、人間と人造人間(レプリカント)が共存し、そのその境界線も危うい社会。


日曜日、「ブレードランナー」のページを開いて知りました。
前作が35年前に上映されていたこと。それが、その後の映画界に大きな影響を与えていること。
前作からの熱烈ファンにとっては、単なる続編でなく、良い意味で期待を裏切る出来栄えとの評価。
そして、前作を知らない人にとっても楽しめる作品と。(私も十分、楽しめました)

「予告編」の中に組み込まれた3つの短編作品を見ると、「レプリカント」や「大停電」の背景がよくわかりました。
  


Posted by bin at 18:29Comments(0)映画

2017年10月17日

「まちキネ会員」更新

鶴岡まちなかキネマ。
会員登録更新。
まちキネ倶楽部ぷれみあむ。
去年の券、あと1枚。
今月末「ブレードランナー2049」で使い切りの予定。






  


Posted by bin at 21:28Comments(2)映画