2007年01月14日

ややまつり

1/13のブログで紹介した「ややまつり」。
庄内町の千河原地区の八幡神社で行われる伝統行事。
お昼過ぎ行ってきました。
予報とは違って、青空ものぞく例年にない穏やかな天気。

最年少5歳。千河原地区の孫、外孫21名が頑張ってました。
年々少なくなっているとか。






支援部隊(水を汲んであげる)
  


Posted by bin at 23:58Comments(5)山形見どころ

2007年01月14日

幻想の森

「巨木」シリーズ第一弾


昨年末にカレンダー(庄内の風景)をいただいたS氏に
お礼をしにうかがったところ、長話になりました。
そのとき、「もがみの巨木」の話題がでました。
最上には、全国レベル「巨木」がたくさんあり(トトロの木などもその1つ)、
今、認知活動に一所懸命とのこと。
「山形気ままブログ」、1年でどれくらい回れるか、
「山形の巨木(庄内・最上)」の紹介に、取り組みます。

第一弾。
「幻想の森」に行ってきました。
古口の白糸の滝から新庄方面に数百メートル、
右側に「幻想の森」の看板(入り口)があります。
そこを入るとすぐに右折。あとは道なり。



標識では2.6kmとなっています。
もう少し雪が降ってから、「歩いてみたい」と思いましたが、
日程上、今がチャンスと思い「車で」実行。
車を進めるうち、雪がでてきて、増えてきて・・・。
1/3くらいのところで、車の方向転換に自信がなくなり、
車を置いてあるこことに。
さらに行くと、車のわだちが完全に消え、踏み跡だけが・・・。



カンジキは持ってこなかった。雪を踏みしめ、ただ歩く。
40分くらいかかって到着。
10台が停められるくらいの駐車スペース。
売店とか案内所とかはなし。
案内板があるだけ。


1本の巨木を言うのではなく、確かに森をつくっている。
こぶのある曲がり杉、「土湯杉(神代杉)」の群生。
見事。
一見の価値はある。


  


Posted by bin at 00:03Comments(0)山形の巨樹