2006年12月21日

熊さんの話



山では熊さんには会いたくない。
登山中、いつも思っている。
でも・・・・
12/20の新聞記事を読んで。

今年の熊の捕獲数
全国            5,059 頭
長野県(全国1位)     693(13.7%)
山形県(全国2位)     676(13.4%)
新潟県(全国3位)     493( 9.7%)
3県で           1,862(36.8%)
北海道のヒグマ 327( 6.5%)

長野・山形・新潟で全国の1/3という数字にビックリ。
山形県だけで676頭なんて、いつもどこにいるんだろう。
当然、根絶させるはずはないし、それ以上、棲息しているはず。

捕獲された熊の9割が駆除、一分が「学習放獣」とのこと。
ちなみに、野菜・果樹の被害は別にして
人的被害は、全国で141件、山形県で5件だったそうです。
こうしてみると、人間も、熊もどちらも被害者ですね。


同じカテゴリー(記事・情報・話題)の記事画像
「デザインあ」展
「摩耶山秋の登山会」案内
イヌワシみらい館
やまがた景観物語
羽黒山大鳥居
鳥海山「お知らせ看板」
同じカテゴリー(記事・情報・話題)の記事
 「デザインあ」展 (2018-10-13 19:28)
 「摩耶山秋の登山会」案内 (2018-10-09 23:28)
 イヌワシみらい館 (2018-07-20 06:00)
 やまがた景観物語 (2018-06-29 06:01)
 羽黒山大鳥居 (2018-06-23 06:00)
 鳥海山「お知らせ看板」 (2018-06-08 06:03)


この記事へのコメント
すごい頭数ですね!
はるか昔から共存してきたはずなのに
被害があれば捕獲ということになるし・・
実際くまさんはこわいですし、
出遭ったら腰を抜かして動けなくなりそうです。
Posted by ももちゃん at 2006年12月21日 19:39
[ももちゃん] 、こんばんは。
速攻の返信コメントありがとうございます。

山登りの場合、できるだけ早くこちらの存在を
知らせてあげるのが共存の条件かも。
熊さんも、人間がいるのがわかれば避けてくれる。

でも、春の冬眠明けの子連れの母熊はさらに怖い。
熊さんは、「子どもを守る本能」、忘れていない。
Posted by bin at 2006年12月21日 20:25
くまさんは人間がいると避けてくれるんですか?てっきり襲ってくるのかと思ってました。
Posted by ちょぱ at 2006年12月21日 23:39
[ちょぱ]さん、こんばんは。

至近距離での遭遇、出会いがしらが怖い。
相手もパニックになる。
熊さんも基本的には人間が怖い。
「さわらぬ神にたたりなし」で、
熊さんも命にかかわるリスクは負いたくない。
こちらも、「熊よけ鈴」を常備して、
熊さんに存在を知らせている。
「近寄らないで~」と。
http://kimama.n-da.jp/e3228.html
(熊よけ鈴)
Posted by bin at 2006年12月22日 01:20
ツキノワグマとヒグマはどっちが旨めろ?
これだけ駆除してれば「熊鍋食わねが?」って言う人いねがな?
Posted by 釣りオヤジ at 2006年12月22日 09:17
[釣りオヤジ]さん、こんばんは。

どっちが美味いかは?????です、経験なし。
肉もさることながらもユウタン(熊胆)が魅力みたい。
Posted by bin at 2006年12月22日 21:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。