2018年04月29日

星新一の世界



日経「星新一賞」受賞作品を電子書籍で読んで以来、星新一の世界に呼び戻された。
30年前に書かれた未来小説なのに全然時代遅れでない。
今の時代から見ても、さらに時代を先取り。
今普及しかけているAIスピーカー的なものが生活の一部として書かれている。
発想もユニーク、表現にも独特の味がある。
どんでん返しを覚悟していても、さらにその裏をかかれてしまう。


同じカテゴリー(読書)の記事画像
読書という荒野
微妙なタイトル
カラスと人との巣作り協定
ウドウロク
縁は苦になる 苦は縁になる
積ん読「今でしょ」
同じカテゴリー(読書)の記事
 読書という荒野 (2018-09-03 06:00)
 微妙なタイトル (2018-08-24 12:41)
 カラスと人との巣作り協定 (2018-08-20 06:00)
 ウドウロク (2018-08-18 06:00)
 縁は苦になる 苦は縁になる (2018-08-16 06:00)
 積ん読「今でしょ」 (2018-07-13 06:00)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。