2017年01月22日

読書「人工知能」

2015年に買ってそのまま「積ん読」になっていた本。
当時は読む気になれなかったけど、1年半たってAI(人工知能)はさらに大きく進化した。
とにかく読んでみようという気になった。

今、220ページ。
まだ半分近く残っているけれど、続けるのはちょっときつい内容。
10年後に続きを読んでみる、その頃どうなっているか。それまで繰り越し。
未来の自分に、「読みかけページ」にメッセージを入れておく。



以下、2015.10.10の私のブログより。


『人工知能 』
ジェイムズ•バラット著

人類最悪にして最後の発明
「コンピュータが世界を乗っ取るという危険は、すでに現実のものだ」スティーブン•ホーキング
僕らが行き着く未来は、「アトム」ではなく「ターミネーター」だった。

今の時代でさえチェスでは負け、将棋の世界も危うい?
人間的な先読みができ、計算速度は比較の意味もない。
ビッグデータ収集はおてのもの、記憶力は無限大。
最高のレベルを一瞬にして複製・共有できる・・・・・。

現在でさえコンピューターがちょっとトラブっただけで社会は大混乱。
インフラも戦争もゲームも皆同じ!?
本の帯に書いてあることば、「2045年AIは人類を滅ぼす」。


400ページという分厚さと、想像する中身の怖さで、
買ってはみたものの1ページ目が開けてない。
2ヶ月経過。



同じカテゴリー(読書)の記事画像
スマホで読書
「言葉は現実化する」
おらおらひとりでいぐも
読書「自分のリミッターをはずす!」
羽生善治『人工知能の核心』
山歩きの雑記帳No.36
同じカテゴリー(読書)の記事
 スマホで読書 (2018-04-02 18:28)
 「言葉は現実化する」 (2018-03-09 18:28)
 おらおらひとりでいぐも (2018-03-01 18:27)
 読書「自分のリミッターをはずす!」 (2018-02-10 20:10)
 羽生善治『人工知能の核心』 (2018-01-07 22:28)
 山歩きの雑記帳No.36 (2017-12-27 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。