2008年01月24日

庄内 伝説の池めぐり

鶴岡市にある「阿部久書店」。
ここは、古本と郷土の本がメイン。
今回、庄司秀春著「庄内 伝説の池めぐり」を買ってきました。
これまで紹介した、羽黒の「二夜の池」、「鏡池」、「丸池さま」、「鶴間池」などが載っています。



庄司秀春氏は、地元紙「荘内日報」にいろいろ記事を掲載しています。


同じカテゴリー(読書)の記事画像
羽生善治『人工知能の核心』
山歩きの雑記帳No.36
君たちはどう生きるか
面倒だから、しよう
「日野原重明」さん
すごいタイトル「死ぬほど読書」
同じカテゴリー(読書)の記事
 羽生善治『人工知能の核心』 (2018-01-07 22:28)
 山歩きの雑記帳No.36 (2017-12-27 22:00)
 君たちはどう生きるか (2017-12-13 23:00)
 面倒だから、しよう (2017-12-08 18:28)
 「日野原重明」さん (2017-11-23 18:28)
 すごいタイトル「死ぬほど読書」 (2017-10-25 18:28)

この記事へのコメント
私は、『庄内の名水飲み歩き』読みました。
庄内70箇所の水を、手書きの地図、写真付きで評価していました。
「庄内 伝説の池めぐり」今度読んでみます。
自分の知らない庄内が分かって楽しいですね。
Posted by 吉五郎吉五郎 at 2008年01月24日 19:28
鶴岡市の「阿部久書店」さんですか!
最近、郷土の本にとても興味が湧いてきました。
今度行ってみます(^^)
Posted by はらほろはらほろ at 2008年01月24日 21:13
[吉五郎]さん、こんばんは。
冬の間にできるだけ回ってみようと思ってます。
春になると山に行きたくなるので。


[はらほろ]さん、こんばんは。
山王町、橋の手前右側です。
駐車場ありませんが、向かいの五十嵐陶器さんの駐車場に止めていいそうです。
Posted by bin at 2008年01月24日 22:23
池の本。意外とびっくりなところにもあったりして。
Posted by わっしーわっしー at 2008年01月25日 01:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。