2018年09月12日

名古屋のお昼

去年の秋、富山県の剱岳に行ったとき、途中で、初対面の方に「ご一緒しませんか」と声をかけられた。
途中でパーティを組むなんてあまりないパターンだけれど、「いいですよ」と返事。
2人で一緒に頂上に立ちました。結果、いい山行になりました。
その場で、「来年は槍」という会話に。

住まいは滋賀県。通常はメールでのやりとり。
今年の秋の槍ヶ岳(奥穂高岳)の計画打ち合わせのために、名古屋で合流。

名古屋駅で昼食。
「味噌カツ」と「手羽先」と「どて煮」のセットメニュー。


食後、日程、コース、基本的な考え方の確認。
すり合わせは無事終了。
あとは天気次第。
  


Posted by bin at 06:00Comments(0)出張・お出かけ

2018年09月11日

名古屋「徳川園」

名古屋の話題をもう1つ。
「山形気ままブログ」を見ていただいている北海道のAさんからの紹介。
名古屋尾張の「徳川園」と「徳川美術館」。
時間調整を工夫して、見学に行ってきました。
庭園「徳川園」は想定の時間で回れましたが、
美術館は「刀剣」、「茶器」、「能」の世界に魅入っているうちにタイムオーバー。






徳川美術館


撮影可


次の予定までバタバタ。
でも、いい時間を体感。紹介いただいたことに感謝でした。

  


Posted by bin at 06:00Comments(0)出張・お出かけ

2018年09月10日

お伊勢さん

1年の締めくくり、スタートにいろいろな区切りがある。
私の場合、大晦日の羽黒山、雪の参道を上り詰めて、頂上合祭殿で一年の感謝と新たな決意を期する場。
会社の年度替わり3月から4月に変わるタイミング。
そしてもう1つは、「お伊勢さん参り」。
御朱印帳を伊勢神宮で買って、真新しい1ページ目に「外宮」「内宮」の御朱印を捺してもらう。
ここに元気にお参りできることが「ご利益」と感謝。











  


Posted by bin at 06:00Comments(0)出張・お出かけ

2018年09月09日

名古屋お出かけ

今年もこの時期に名古屋にお出かけ。
以前働いた会社のご縁で毎年出かけている。

一緒に働いた同期の仲間と昔を語らいあう。
それはそれで価値ある時間。





名古屋は大きく変わって、当時の面影はなくなってしまった。
でも、記憶はかつてのまま残っている。  


Posted by bin at 06:00Comments(0)出張・お出かけ

2018年09月08日

夕焼け空

1日の終わり。
西の空。
日中は暑いけれど、この時間はひんやり。






  


Posted by bin at 06:00Comments(0)日記/一般

2018年09月07日

ゴーヤそろそろ撤収

日中の気温はまだ高いけれど、雰囲気はもう秋。
夏の強い日射しを和らげてくれたゴーヤも枯れ葉が目立つようになった。
そろそろ撤収かな?






  


Posted by bin at 06:00Comments(0)ゴーヤ日記

2018年09月06日

町営体育館

ウチのウオーキングマシン、数ヶ月前から故障中。
通販で買ったものだけれど、今は電話も通じない。
修理もできない。
別の方策を考える。

庄内町立総合体育館のトレーニングルーム。
利用するには講習会を受ける必要がある。

7月に受講。
月間使用料は町民600円(町外者900円)、6ヶ月で3,000円。

秋の山登りに備えて通っている。
今のところ三日坊主にならず続いている。
自宅のものだとつい甘えて、「今日はお休み」となるけれど、外部だと規則正しくなる。





  


Posted by bin at 06:00Comments(0)日記/一般

2018年09月05日

蕎麦工房「せき」さん

日曜日の話題。
お昼は家族で外食。
蕎麦工房「せき」さん。
私はこの前来たばかり。

今回は店の奥さんお薦めの「げそ天」とざる蕎麦。
「げそ天、注文を受けてから揚げるので時間がかかるよ」と前置き。
「いいですよ」と(時間に余裕はとってある)。

お薦めするだけあって
いい歯触り、美味しい。





  


Posted by bin at 06:00Comments(0)たべぶら

2018年09月04日

秋の訪れ

落ち着かない最近の天気。
久しぶりにクッキリした鳥海山。

もう2週間もすると、収穫が始まる。
それにしても台風21号の進路が気になる。


  


Posted by bin at 06:00Comments(0)鳥海山

2018年09月03日

読書という荒野

サブタイトルが「実践しなければ読書じゃない」。
日経の広告を見てamazonで注文。
基本、地元の本屋さんで買うけれど、最近このパターンが増えた。



ちょっと過激。

  


Posted by bin at 06:00Comments(0)読書

2018年09月02日

映画「検察側の罪人」

鶴岡まちなかキネマ、レイトショー。
「検察側の罪人」
木村拓哉、二宮和也、吉高由里子。
主役が2人。
どっちが本当の主役?

時間が遅い割に混んでいました。

  


Posted by bin at 23:45Comments(0)映画

2018年09月01日

「リアン」さん

酒田に出たついで「リアン」さんで道草。
携帯の中身「メモ」の整理。


あとは一瞬「ぽけ~」と。  


Posted by bin at 19:28Comments(0)暮らし・生活

2018年08月31日

文藝春秋「芥川賞」掲載

今年も、芥川賞受賞作掲載の「文藝春秋」。



机の隅奥に「積ん読」状態。
来月には読み切ろうと思う。  


2018年08月30日

鶴岡まちキネカード

何気なく眺めていた[鶴岡まちキネ]カード。
来店回数「100回」、1つの区切り。
何もプレゼントはありませんが。

「イオンシネマ三川」さんより圧倒的に訪問回数が多くなった。


  


Posted by bin at 06:00Comments(0)日記/一般

2018年08月29日

そば処「ひふみ」さん

寒河江までお出かけ。
お昼時が112号線上だったので、「ななかまど亭」さんで「げそ天そば」を想定。
お店前に行ったら「支度中」。
帰ってからネットで調べたら、[ 定休日: 不定休]。
理由はわからなかったけれど「お休み中」。

メモ帳を開くと、寒河江の麺リストに
①福家そばやさんワンタンメン②そば処吉亭さん③そば処ひふみさんが記録。
行った記憶のない「そば処ひふみ」さんを選択。
お店に入ってから、「あれ!来たことある」。でした。

げそ天ざる蕎麦800円注文。
前回来たときもお店の人に聞いたと思うけど、生卵が1個付く。
使い方がわからず、そのまま残して店を出ました。
(前回のお店の方のアドバイスは、「人、さまざま」だったような)





そばは美味しい。  


Posted by bin at 06:00Comments(2)食の話題

2018年08月28日

光陵高校写真部展

昨日まで「さかた街なかキャンパス」で行われていた「酒田光陵高校写真部展」。


地元紙山形新聞で知りました。
佐藤礼偲さん(3年)の作品「ひだまり」が、
第42回全国高等学校総合文化祭 写真部門 最優秀賞 文部科学大臣賞受賞と。

山形新聞に載った写真について
「ひだまり」
車掌さんがポイント。
車窓を開け草取りをする女性に声かけする仕草。
「一瞬」の中に、東北人らしい人情味が映し出されている。

この会場「酒田光陵高校写真部展」に展示してあるとの情報。
いい作品だなと思い、是非、実物を見たくて出かけました。

会場について、一通り会場内を見たけれど、見当たらない。
会場を出て、帰りかけたけれども納得いかない。
戻って、写真部の生徒に確認。
会場入り口、外にありました。
SHOWWINDOW越しで、細部までよく見えませんでした。


  


2018年08月27日

山形県秀作写真選抜店

山形市にある「山形県芸文美術館」で開催中の「山形県秀作写真選抜展」。
全国規模のコンテストの県人入賞作品、山形県写真展の入賞作品、二科展写真部展。
さすがに見ごたえがある。
~9/1まで。






  


2018年08月26日

羽黒川代地区のひまわり

酷暑がまだまだ続く庄内。
でも、蝉の声も弱くなり逆に用の秋の虫の音が高く感じられる。

夏の花の代表格ひまわりも、ちょっとピークを過ぎた感じ。
羽黒の川代地区に今年も行ってきました。
去年までは1ヶ所だけかと思っていたけれど、
今年は「月山高原100万本のひまわり」というのぼりとともにあっちこっちにある。








  


Posted by bin at 06:00Comments(0)山形の風景

2018年08月25日

「あじ彩」さん

庄内町商工会企画「たべぶら」。
今年の分、2軒目。
「あじ彩」さんで、暑い中熱い「マーボーラーメン」。


  


Posted by bin at 06:00Comments(0)たべぶら

2018年08月24日

微妙なタイトル




地元の本屋さんで買いました。
微妙なタイトル。
「明日この世をさるとしても、今日の花に水を上げなさい」。

大学医学部のドクターでありながら、手術など一般に言われる医療行為はしない。
病理解剖が主な仕事だけれど、この本に書かれた主旨は「がん哲学外来」。
がん患者への言葉の処方箋というスタンス。
20代、30代・・・・60代、最終的には、すべての人の生き方について語っている。  


Posted by bin at 12:41Comments(0)読書