2018年11月25日

「沢庵禅師」供養祭

今日は上山市にお出かけ。
上山市にある「春雨庵(はるさめあん)」で、「沢庵禅師」供養祭。

江戸幕府の宗教統制に抵抗した京都大徳寺153世の沢庵禅師は上山に流された。
当時の藩主が提供した小庵を気に入った禅師は「春雨庵」と命名。
徳川三代将軍家光の代に、赦免、三年の流刑生活を終え江戸に戻り、家光が創設した東海寺の住職に。
家光との交流の中で、上山で作っていた大根漬を家光に。
それまで名前のなかった大根漬に家光が禅師の名前をとって「沢庵」と名付けた。

といわれているとのこと。
数年前からかみのやま温泉では、朝食に「湯漬け沢庵」を提供している。

供養祭。



春雨庵



正面に「沢庵禅師」が鎮座



地元小学生、沢庵の漬け込み作業。



ゲーム「大根輪投げ」。賞品は漬物。



同じカテゴリー(歴史・文化・芸術)の記事画像
「写団はぐろ」写真展
「前橋汀子」さん
御朱印「高野山・金剛峯寺」
酒田市民芸術祭写真展
内藤秀因記念「水彩画公募展」
刀剣鑑賞講座、致道博物館。
同じカテゴリー(歴史・文化・芸術)の記事
 「写団はぐろ」写真展 (2018-12-04 20:27)
 「前橋汀子」さん (2018-11-29 21:57)
 御朱印「高野山・金剛峯寺」 (2018-11-19 20:35)
 酒田市民芸術祭写真展 (2018-11-14 21:45)
 内藤秀因記念「水彩画公募展」 (2018-11-13 21:59)
 刀剣鑑賞講座、致道博物館。 (2018-11-12 21:35)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。