2018年05月27日

怖い本?

日経新聞での紹介の書籍、「未来の年表2」。
「人口減少日本であなたに起きること」というサブタイトル。
のぞきたくないけれど、将来の現実の姿。
amazonで、「未来の年表2」と、前巻「未来の年表」セットで注文。

読んだあとには落ち込むかも。

著者の意図は、その現実、から目をそらすことなく、キチッと認識し、
考え、行動し、新しい世界を切り開くことを望んでいる?


怖い本?



同じカテゴリー(読書)の記事画像
月刊「致知」再開。
樹木希林「一切なりゆき」
花の百名山
ヘタな人生論より徒然草
月刊「致知」
カーネルサンダース
同じカテゴリー(読書)の記事
 月刊「致知」再開。 (2019-02-02 22:30)
 樹木希林「一切なりゆき」 (2019-01-23 23:01)
 花の百名山 (2019-01-08 22:59)
 ヘタな人生論より徒然草 (2018-12-29 23:32)
 月刊「致知」 (2018-12-27 21:35)
 カーネルサンダース (2018-12-18 21:17)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。