2018年05月25日

さかた街なかキャンパス

さかた街なかキャンパス。
山形新聞紹介された、遊佐町吹浦の渋谷永一さんの写真展 「鳥海と山麓の風景」を見にでかけました。
70年間の足跡。


会場でご本人と会話。
旧大平小屋の管理人をされていたとのこと。
昭和27年の国体時に、河原宿・大平・祓川小屋が立てられた話。
ブルーライン開設時の話。
国定公園指定の話。
知らなかった話、懐かしい話、花が咲きました。

私の幻想かと思っていたけれど、高校時代に体感した河原宿一面のニッコウキスゲ、やっぱりすごかったみたい。
写真があるか聞いたけれど、「ない」と。
鍋森の登山ルートの話をしたら「南側から回り込む」と。間違ってないことを確認できた。

展示会、今年3年目。
来年の再開を約束。



同じカテゴリー(歴史・文化・芸術)の記事画像
南洲翁遺訓講究
致道博物館
写真家たちの世界遺産展
さかた街中キャンパス
国立新美術館
山響庄内公演
同じカテゴリー(歴史・文化・芸術)の記事
 南洲翁遺訓講究 (2018-08-12 06:00)
 致道博物館 (2018-08-10 06:00)
 写真家たちの世界遺産展 (2018-08-07 06:00)
 さかた街中キャンパス (2018-08-04 06:00)
 国立新美術館 (2018-07-23 06:00)
 山響庄内公演 (2018-06-17 06:00)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。