2018年05月17日

池井戸潤「オレたちバブル入行組」

秋田の知人が1ヶ月前に会いに来てくれました。
その時のお土産、池井戸潤氏の書籍、12冊。
毎月2冊、半年計画を立てて取組中。

池井戸潤氏の本、読みやすいけれど何しろ分厚い。
4月分2冊はクリア。
5月、半月経過。5月分の1冊目、半沢直樹の「オレたちバブル入行組」、読み終えました。









同じカテゴリー(読書)の記事画像
読書という荒野
微妙なタイトル
カラスと人との巣作り協定
ウドウロク
縁は苦になる 苦は縁になる
積ん読「今でしょ」
同じカテゴリー(読書)の記事
 読書という荒野 (2018-09-03 06:00)
 微妙なタイトル (2018-08-24 12:41)
 カラスと人との巣作り協定 (2018-08-20 06:00)
 ウドウロク (2018-08-18 06:00)
 縁は苦になる 苦は縁になる (2018-08-16 06:00)
 積ん読「今でしょ」 (2018-07-13 06:00)


この記事へのコメント
初めまして。
私も半沢直樹読んでいます。(読んでました)順番が分からず、最初に読んだのはテレビでやっていた物語のその後のようでした。分厚くて途中で断念しそうかなと思いましたが、少しずつ何ヵ月かかけて全部読めました!が、2冊目の途中で読書の時間が取れなくなり今は中断しています。現実世界でもこれはありなのか?とか、会社のしくみとか勉強になりますね。
Posted by トトロ at 2018年05月19日 16:08
[トトロ] さん、こんばんは。

確かに、読みやすいけれど分厚いですね。

来月、映画化された[空とブタイヤ」が上映。期待しています。
Posted by binbin at 2018年05月20日 19:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。