2018年01月07日

羽生善治『人工知能の核心』

去年一年間の読書、自分の立てた目標に対して66%の達成率。
悲惨な結果。
後半戦、バタバタして伸びなかった。
ペナルティーとして今年の目標を昨年目標の110%に設定。

今年に入って3冊目。
将棋の羽生善治氏とNHKスペシャル収録班がまとめた『人工知能の核心』。

NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治人工知能を探る」の番組取材にからめて、「人工知能」について語っている。
「人工知能」に関しての本は、どちらかというと、明るい未来と言うより暗澹とした世界に引きずり込まれる。

今回の本はそこにはまり込まずに読み進めることができました。




同じカテゴリー(読書)の記事画像
魔法のラーメン発明物語
読書という荒野
微妙なタイトル
カラスと人との巣作り協定
ウドウロク
縁は苦になる 苦は縁になる
同じカテゴリー(読書)の記事
 魔法のラーメン発明物語 (2018-10-12 20:20)
 読書という荒野 (2018-09-03 06:00)
 微妙なタイトル (2018-08-24 12:41)
 カラスと人との巣作り協定 (2018-08-20 06:00)
 ウドウロク (2018-08-18 06:00)
 縁は苦になる 苦は縁になる (2018-08-16 06:00)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。