2017年10月19日

日の名残り

今年のノーベル賞文学賞受賞者「カズオ・イシグロ」氏。
1954年、長崎県生まれ、5歳で渡英。
その後、日本とイギリス文化を背景に執筆、そして今回の受賞に。

受賞と同時にネットで発注。
大半が売り切れ、入荷見込み不明のメッセージ。
「日の名残り」をゲット。
3日後に届いて、読み始めたけれどなかなか進まない。
話の展開・ペースがやや違う。
360ページのうち200ページ読み終えようやくなじんできた。

残り、じっくり構えて読むことに。




同じカテゴリー(読書)の記事画像
羽生善治『人工知能の核心』
山歩きの雑記帳No.36
君たちはどう生きるか
面倒だから、しよう
「日野原重明」さん
すごいタイトル「死ぬほど読書」
同じカテゴリー(読書)の記事
 羽生善治『人工知能の核心』 (2018-01-07 22:28)
 山歩きの雑記帳No.36 (2017-12-27 22:00)
 君たちはどう生きるか (2017-12-13 23:00)
 面倒だから、しよう (2017-12-08 18:28)
 「日野原重明」さん (2017-11-23 18:28)
 すごいタイトル「死ぬほど読書」 (2017-10-25 18:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。