2017年08月23日

渡りチョウ「アサギマダラ」

1,000km単位の飛行をするという蝶「アサギマダラ」。
富士山、飯豊山で1頭ずつに出会えた。
その後も[追っかけ]をやって、昨年、蔵王の「観松平」で複数頭が舞っている風景に出会い感動をもらった。

昨年は8月20日(日)実行、その時の反省・申し送りとして、「来年は8月上旬」と記録していた。
山の先輩にも、「アサギマダラの旬は」と問い合わせをしたりしていたが、もう8月下旬になった。

8月22日の地元紙「山形新聞」に、「渡りチョウ・アサギマダラ 蔵王でマーキング観察会、台湾まで飛んでいけ!」の記事。
この企画には、親子連れ26名が参加したらしい。
記事の中での、山形昆虫同好会会長さんの話、「ここ数年で一番多いのでは」とのこと。

記事を読んで、行ってみたくなった。





同じカテゴリー(山形の自然)の記事画像
鶴岡大山「下池」散策
ハグロトンボ
ブルーライン「ミズバショウ」
荒澤寺「ザゼンソウ」
羽黒「月山ビジターセンター」
羽黒「二夜の池」
同じカテゴリー(山形の自然)の記事
 鶴岡大山「下池」散策 (2018-09-20 06:00)
 ハグロトンボ (2018-07-25 06:28)
 ブルーライン「ミズバショウ」 (2018-04-17 06:22)
 荒澤寺「ザゼンソウ」 (2018-04-11 20:50)
 羽黒「月山ビジターセンター」 (2018-04-09 18:28)
 羽黒「二夜の池」 (2018-04-08 21:57)


この記事へのコメント
前に息子と行こうと申し込んだことがあります。
天候の影響で中止になりましたが、確か市でマーキングの参加を募集するので、観察会に申し込んでみてはいかがですか?
網とマジック、往復のケーブルカー代くらいで大丈夫だったと記憶してます。
子供は大きくなって一緒には行ってくれませんが、来年あたり1人で参加をしようと思います。
Posted by ゆうゆうママゆうゆうママ at 2017年08月23日 21:04
[ゆうゆうママ]さん、こんばんは。
親子のコミュニケーション、自然を介してのものはいいですよね。

チョウを追っかけていると、すべてを忘れて童心をとりもどします。
Posted by binbin at 2017年08月23日 21:28
子供が小学生のときは学校からもらってくるプリントで、色んな体験がある事を知ったのはありがたかったです。
蝶が渡り鳥のように飛んで行くことへの驚きと、自分の名前を蝶が運んでくれるなんて観察会に参加をしなければ体験できませんから、行ってみたいですね。
写真はまだカメラも無いのですが、娘が興味を持っているので検討中です。
田舎生まれで真っ暗な夜空の星や、自然の中の被写体がたくさんいるので、それらを撮れたらいいなぁと思っています。
Posted by ゆうゆうママゆうゆうママ at 2017年08月23日 21:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。