2016年07月28日

ニッコウキスゲ

夏山と言えばニッコウキスゲの印象が強い。
今年は、月山弥陀ヶ原でかろうじて触れ合うことができたが、
鳥海山河原宿・薊坂コースではほとんどなし。
河原宿の「立入禁止エリア」にわずかと、「心字雪渓」西側にわずか。
どちらも、ズームで対応。


昔は、河原宿一面がニッコウキスゲだった。
それが山に惹かれるきっかけだった。
今は笹薮になって、肩身の狭い思いをして咲いている。

でも、やっぱり夏山には「ニッコウキスゲ」と「コバイケイソウ」が似合う。

「心字雪渓」西側。


河原宿の片隅で






同じカテゴリー(鳥海山の花)の記事画像
夏山の花々
夏の花の季節到来
鳥海山花いっぱい!
チョウカイフスマ
鳥海山の花「コバイケイソウ」
鳥海山の花「チングルマ」
同じカテゴリー(鳥海山の花)の記事
 夏山の花々 (2018-07-18 06:00)
 夏の花の季節到来 (2018-06-06 21:45)
 鳥海山花いっぱい! (2017-08-04 18:28)
 チョウカイフスマ (2017-08-03 21:45)
 鳥海山の花「コバイケイソウ」 (2017-07-26 18:28)
 鳥海山の花「チングルマ」 (2017-07-22 21:10)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。