2016年04月26日

鳥海山「リベンジ」

4/24の鳥海山。
伏拝岳からの新山。



4/10に出かけた鳥海山は河原宿で「ホワイトアウト」状態で退却。
今回、4/24日曜日に出直し。
七高山頂上に立てました。


前回、湯の台の車道の雪が大分解けているとの情報をもらい、コース変更。
湯の台口から。
4:30、車道終点で登りの身支度をしていると、もう1台の車が到着。
前回の山行をご一緒した鶴岡のS氏でした。
すっかり私の行動パターンを読まれてました。
(もっとも、単純な行動パターンなので読まれても不思議ではない)
今回もご一緒しました。

やっぱり雪は少ない。
でも、滝の小屋より上は、アイゼン&ピッケルの世界。


雪山の醍醐味。
目標地点を決めると直線で進める。
夏道も障害物もみんな雪の下。


頂上は、秋田県側、祓川からのスキーツアーで賑わっていました。
七高山からの新山・御浜・外輪山。



頂上はやや風はあるけれど、防寒着はなくても済む。
40分ほどのんびり。
定番のカップ麺と、今回は単独行の予定だったので「セブンカフェ」。



下山後、湯の台からの新山。


久しぶりに疲れました。
洗濯物と体のストレッチで限界。
画像の整理、GPSデータは後回しでした。



同じカテゴリー(鳥海山の春)の記事画像
雪と氷と風の世界
鳥海山
鳥海山
鳥海ブルーライン「ミズバショウ」
鳥海山「月山森」
マンサクの花
同じカテゴリー(鳥海山の春)の記事
 雪と氷と風の世界 (2017-05-03 06:28)
 鳥海山 (2017-05-02 19:17)
 鳥海山 (2017-04-25 06:28)
 鳥海ブルーライン「ミズバショウ」 (2017-04-20 06:28)
 鳥海山「月山森」 (2017-03-21 06:28)
 マンサクの花 (2016-04-27 06:28)

この記事へのコメント
天気にめぐまれリベンジ、見事成功でしたね。
binさんは早立ちだから、もう発っているのではと
思いましたが、春の鳥海、同じ空間を一緒に
味わうことができてよかったです。
ざんげ坂で、滝の小屋に泊まったという東京の
ボーダーと合いましたが鳥海初めてとのこと。
スキーヤーがほとんどで、歩いているのは我々ぐらい
だったでしょうか。
Posted by 鶴天 at 2016年04月26日 07:24
[鶴天]さん、こんばんは。

いい時間をありがとうございました。
ご一緒できて良かったです。
好天に恵まれ、いかにも春山らしい、
光溢れる景色を満喫できました。

それにしても今回は疲れました。
心地よい疲れでしたが。
Posted by binbin at 2016年04月26日 20:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。