2014年10月16日

鳥海山「岩熊」さんと再会




今回の鳥海登山の目的の1つ、「岩熊」さんとの再会。
秋田県側の百宅口、唐獅子平。
そこにある岩塊がクマさんそっくり。
勝手に「岩熊」さんとよんでいます。

秋田県側、「百宅登山口」そのものは工事中で通行止め。
鶴岡の「鶴天」さんから、「山形県側から入って頂上を乗り越える」アドバイスをいただきました。
コースタイムではプラス3時間、できない話ではない。

ということで、七高山から1時間ほど下って、再会してきました。
「岩熊」さんの足元でコーヒーを一杯。
何処までも、抜けるような青空のもと、いい時間でした。
登り返し2時間。
プラスアルファとしてはちょうどいい運動。

外輪からの、唐獅子平小屋。


外輪から小屋に向かう途中。


「岩熊」さん。奥の山は鳥海山三角点ピーク「七高山」。





同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事画像
鳥海山
秋の鳥海山
鳥海山山頂
朝の鳥海山
鳥海、湯の台の紅葉
鳥海山「草紅葉」
同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事
 鳥海山 (2017-10-10 18:28)
 秋の鳥海山 (2017-10-09 11:28)
 鳥海山山頂 (2016-09-26 06:28)
 朝の鳥海山 (2015-11-05 19:28)
 鳥海、湯の台の紅葉 (2015-10-12 06:28)
 鳥海山「草紅葉」 (2015-09-25 06:28)

この記事へのコメント
1日目(12日)のうちに再会のようですね。
岩熊くんの迫力を感じます。
Posted by 鶴天 at 2014年10月16日 08:39
[鶴天]さん、こんにちは。

アドバイスをいただいたおかげで、「岩熊」さんに再会できました。
「日の入り時間まで戻れるかな」と思いましたが、余裕でした。
ただ、肝心の太陽が雲の中で、「夕陽」を拝めませんでした。
Posted by binbin at 2014年10月17日 15:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。