2006年12月24日

熊さんの話part3



「熊さん」の話題、お堅い日本経済新聞にまで載っていました。
しかも衝撃的な写真入りで。

[ちょぱ]さんのコメントに、
「熊さんは人間に気づくと逃げてくれる」と載せましたが、昔の話みたい。
記事の中で、
昔の「熊さん」は臆病だった。でも、人間と「熊さん」との生活圏の境界が
あいまいになってから生まれた[新世代の熊さん」は逃げないかも。とのこと。

「熊さん」の繁殖は、2~3年に1頭が産まれる程度だそうです。
山形県内の生息数1,500頭から今年の駆除600頭引いたら、残り900頭。
♀が半数として450頭。3年に1回出産可能として150頭。
そのうち年齢的に可能なのは?来春の出生数の妥当な線は数十頭。
多く見積もって来年の生息数は1,000頭。
来年、今年並みに駆除したら・・・・・。
2年で1/3?そんなことはしないと思うが。

個人的には山では遇いたくない「熊さん」だけど、
このままだと「熊さん」、絶滅の危機?


同じカテゴリー(暮らし・生活)の記事画像
モクズガニ
「リアン」さん
デスクトップ壁紙
「地ぱんgood」さん
庭の片付け
大雪警報!
同じカテゴリー(暮らし・生活)の記事
 モクズガニ (2018-10-07 20:28)
 「リアン」さん (2018-09-01 19:28)
 デスクトップ壁紙 (2018-03-02 18:28)
 「地ぱんgood」さん (2018-01-15 22:02)
 庭の片付け (2017-12-23 21:27)
 大雪警報! (2017-12-06 23:49)


この記事へのコメント
すごい頭数ですよね。 クマさん
なんだかココロが痛みます。
お互い命のあるもの同士
人間もクマさんも上手に生きれる世界であってほしいですね。
Posted by かずちゃん at 2006年12月24日 11:49
[かずちゃん]、こんにちは。
ほんと。
なんでもバランスが大切と感じますね。
Posted by bin at 2006年12月24日 12:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。