2014年09月24日

鳥海山、こんなはずでは・・・

鳥海山。
七高山から新山。


日曜日は移動性高気圧に覆われて、さわやかな秋晴れの予定だった。
それを前提にした鳥海登山。
「御来光」と「影鳥海」を目的に。

この日の日の出は5:26。
この時間に頂上に立つように逆算。
ウチを出るときは、東の空に冬の星座「オリオン」が。
登山口では、まだ満天の星空だったが、登り始めるとガス。
鳥海湖付近では濃霧。
ヘッドランプで照らし出されるのはガスばかり。
9合目の伏拝岳で薄明るくなったけれど、やっぱりガスだらけ。
頂上到着、「ガス」。
しばらく待機。
風が強く、とても寒い。

6:00、
日の出予定時刻から30分ほどして、太陽がおぼろげに。


そして数分間、新山がガスの間から顔を出してくれました(トップ画像)。

この日は終日、頂上付近のガスはとれませんでした。

山頂神社は、閉鎖。
神職の皆さんも下山。


鳥海湖。


下山後、ふもとからの鳥海山。
やっぱりガス(雲)の中。


残念な1日だったけれど、一瞬、新山も拝ませてもらった。
とりあえず、「納得」。


同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事画像
秋色が濃くなってきた。
鳥海山
秋の鳥海山
鳥海山山頂
朝の鳥海山
鳥海、湯の台の紅葉
同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事
 秋色が濃くなってきた。 (2018-09-21 06:00)
 鳥海山 (2017-10-10 18:28)
 秋の鳥海山 (2017-10-09 11:28)
 鳥海山山頂 (2016-09-26 06:28)
 朝の鳥海山 (2015-11-05 19:28)
 鳥海、湯の台の紅葉 (2015-10-12 06:28)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。