2013年10月16日

万助小屋

千畳ケ原の「草紅葉」の帰り道。
同じ道を戻るのも物足りない。
ちょっと距離は伸びるけれども、「万助道」を下る。
万助小屋までは見晴らしもよくはない。

万助小屋。



そんなに広くはないけれど、酒田市民の方々には人気。
すぐ裏には、広い水場。
冷たくて美味しい。


下る途中木立。
好きな風景の1つ。



高瀬峡との分岐点から三の滝方向に左折。


同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事画像
鳥海山
秋の鳥海山
鳥海山山頂
朝の鳥海山
鳥海、湯の台の紅葉
鳥海山「草紅葉」
同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事
 鳥海山 (2017-10-10 18:28)
 秋の鳥海山 (2017-10-09 11:28)
 鳥海山山頂 (2016-09-26 06:28)
 朝の鳥海山 (2015-11-05 19:28)
 鳥海、湯の台の紅葉 (2015-10-12 06:28)
 鳥海山「草紅葉」 (2015-09-25 06:28)


この記事へのコメント
木立のこの雰囲気のなか歩くのはちょっと
詩人になった気分ですね。膝にも優しそう、、。
 ところで昨日から月山第1第2トンネル工事のために
交通規制(夜9時から朝6時まで交通止め)が始まったので
日帰りは古寺に前夜車中泊もありそう。
一昨日は以東岳山頂に100分居座りましたが、
上りよりも下山に30分以上余計かかったことを
考えると泡滝を4時半発ったのは正解でした。
Posted by 鶴天 at 2013年10月16日 18:56
[鶴天]さん、こんばんは。

確かに夜間規制に入りましたね。
再考ですね。

上りより下りに30分余計かかったのは、たぶん上りが早すぎた?
私の上りは、さらに遅くなりました。
古寺鉱泉~大朝日頂上が5時間でした。
Posted by bin at 2013年10月16日 20:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。