2013年10月15日

二ノ滝コース

今回の鳥海山「千畳ケ原・草紅葉」。

登りは「二ノ滝コース」、下りは「万助道」。

このコース、本当は今月下旬の「紅葉」に照準を合わせていた。
飯豊が「ボツ」になって、2週間前倒し。

二ノ滝


二ノ滝上部展望台から


滝の数々が魅力。
私の好きな「玉砕の滝」


額絵の壺


不動滝


ブナの林もいい。


唯一のリスクは、「クマさんの縄張りにお邪魔する」こと。
ここのエリアは、人間が闖入者という感じ。

尾根に出て、一瞬の晴れ間。


紅葉は、まだ早かった。


同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事画像
鳥海山
秋の鳥海山
鳥海山山頂
朝の鳥海山
鳥海、湯の台の紅葉
鳥海山「草紅葉」
同じカテゴリー(鳥海山の秋)の記事
 鳥海山 (2017-10-10 18:28)
 秋の鳥海山 (2017-10-09 11:28)
 鳥海山山頂 (2016-09-26 06:28)
 朝の鳥海山 (2015-11-05 19:28)
 鳥海、湯の台の紅葉 (2015-10-12 06:28)
 鳥海山「草紅葉」 (2015-09-25 06:28)

この記事へのコメント
滝も趣きがあって引き込まれますね。
熊との遭遇高い万助道はいかがでしたか。
binさんは大鳥池~か千畳ケ原~かと予想していました。
昨日は泡滝から以東岳に上がると月山や周囲の山々のなかで、
冠雪している鳥海山だけがひときわ目立ちました。
きっと冠雪ねらいで登っているだろうなと思った次第です。
なお、大鳥池(960mぐらい)の紅葉は未だで
あと数日はかかりそうでした。
Posted by 鶴天 at 2013年10月15日 09:48
[鶴天]さん、こんばんは。

10/14の天気は本当に良かったですね。
大鳥周辺の紅葉は10/10と記憶していましたが今年はまだなんですね。

鳥海山、13日も「外輪周辺は雪かな」と思える気温でした。
頂上狙いとすれば湯の台でしたが、
今回は、滝と草紅葉だったのでこの周回ルートになりました。

クマさん、万助道から三の滝に抜ける横道で、
風もないのに笹薮がサワサワサワと音を立てていました。
クマさんじゃないと自分に言い聞かせて歩きました。

晩秋の朝日(古寺かな)、またご一緒したいですね。
Posted by bin at 2013年10月15日 20:08
見てるこちら側もマイナスイオンを浴びてリフレッショした感じです。
Posted by 50代オヤジ at 2013年10月20日 13:08
[50代オヤジ]さん、こんばんは。

もう少し早く天気が回復するかなと思って出かけました。

草紅葉はイマイチでしたが、滝群には元気をいっぱいもらってきました。
Posted by binbin at 2013年10月20日 20:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。