2011年11月30日

焼畑の環境学

焼畑の環境学

先日、京都の「総合地球環境学研究所」から1冊の書籍が贈られてきました。
600ページほどの分厚い本。
タイトルが「焼畑の環境学-いま焼畑とは」。
中身は、各地の大学の先生方や研究者が、日本・世界の焼畑の現況を調査・考察した論文。

山形県についても、山形大学農学部の江頭宏昌先生が「カブと焼畑」ということで、
30ページあまり執筆しておりました。
興味深く読めました。

温海で開催された、焼畑サミットに参加したご縁でしょうか?


同じカテゴリー(歴史・文化・芸術)の記事画像
NHK文化センター写真教室写真展
寒梅忌(最終回)
まつやま大寒能
松山「大寒能」
1/27 寒梅忌(最終回)
白旗史郎「鳥海山の四季」
同じカテゴリー(歴史・文化・芸術)の記事
 NHK文化センター写真教室写真展 (2019-02-01 21:55)
 寒梅忌(最終回) (2019-01-27 22:45)
 まつやま大寒能 (2019-01-26 18:28)
 松山「大寒能」 (2019-01-25 19:50)
 1/27 寒梅忌(最終回) (2019-01-24 20:55)
 白旗史郎「鳥海山の四季」 (2019-01-22 23:57)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。