2007年12月28日

読み収め

読書の話題



今年の年間ベストセラー、単行本ノンフィクションでトップの「ホームレス中学生」。
人気お笑いコンビ「麒麟」の田村裕の作品。
9月の発売からわずか2カ月でミリオンセラーとなり、140万部を超えてなお増刷中とのこと。

わたしはこの本で、今年の読書目標冊数クリアです。
今年の読み収めかな。

[パピコ]さんと話題ダブりました。
増刷が間に合わないのか、購入できないとか。
先に読ませていただきました。






同じカテゴリー(読書)の記事画像
あきらめない心
読書「いい緊張は・・・」
「また会いたい」と思われる人
魔法のラーメン発明物語
読書という荒野
微妙なタイトル
同じカテゴリー(読書)の記事
 あきらめない心 (2018-10-31 23:10)
 読書「いい緊張は・・・」 (2018-10-25 20:50)
 「また会いたい」と思われる人 (2018-10-24 22:00)
 魔法のラーメン発明物語 (2018-10-12 20:20)
 読書という荒野 (2018-09-03 06:00)
 微妙なタイトル (2018-08-24 12:41)


この記事へのコメント
あ、読んだな? どうだけ? 面白ぇけ?
気にはなったなんでも、読むがどうが迷ったなんよ〜
実は麒麟の漫才が大好ぎで、M-1どがも応援しったなさ落ぢでしまて残念だけ(;>_<;)
今、ひとづ心配だごどがあての、この本が売れで麒麟が変わてしまわねんでろがってごど(;^_^A
金銭的に余裕が出来んなはいいごどだんでも、漫才さ欲がねぐなたら…って考えでしまての(>_<)
でも読んでみっでちゃ〜
Posted by I太太 at 2007年12月29日 07:24
[I太太]さん、こばんは。

同じお笑いタレントが書いた島田洋七の「がばいばあちゃん」とはちょっとちがう。
「がばい・・・」はあくまでも、ばあちゃんの「超プラス発想」のキャラクターが受けてた。
「ホームレス・・・」は、当人の特異な体験を、中学生の目線で飾らずつづった自叙伝。
力まず、気軽に読める。
受けてる理由、今の世にあっては、逞しさを感じるのだろうか。
逆境にたえ、食いつなぎ、ひとに支えられ、一筋の光を見出す。
その耐えることの底力は、母親を思う心?だったのかな。

[I太太]さん、これだけ話題になっているし、「本読み正月」もいいんじゃないですか?
正月は天気もあまり良くないみたいだし。
Posted by binbin at 2007年12月29日 21:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。