2017年12月27日

山歩きの雑記帳No.36



庄内町の佐藤要氏が編集・発行している『山歩きの雑記帳』。
今回、No.36。
鳥海山、摩耶山など身近な山の話題を楽しく読んだ。

番外で要氏のお話。
今回の号をもって「山歩きの雑記帳」の発行をしばらくの間休みます。
9年間、発行を支えてくれた筆者と読者の方々に感謝いたします。


筆者との原稿のやりとりや編集作業はとても楽しいことだったけれど、
編集や発行のための時間が膨らみ、
山の本を作るために山に行けない、「本末転倒」といえる9年間でもあった。

心の中では作品としての山岳写真を志している。重い撮影機材を背負って、厳しい山を登れるのはあと数年・・・・


このままでは「やり残したことに後悔する自分を想像してえしまう。


読めなくなるのは残念だけれど、要さんの心境も納得できる。

私も、これまでがむしゃらに登ってきたけれど、これからは1回1回、味わいながら登ろうと思う。  


Posted by bin at 22:00Comments(0)読書