2017年01月30日

映画「恋妻家宮本」

日曜日、藤沢周平を偲ぶ会「寒梅忌」を予定していたけれど、ネットで見たら21日開催という荘内日報の記事。
「終わってしまった?」私の勘違いと諦めて映画に切り替え。
夕方、自宅に帰って、テレビのニュースを見ていたら「寒梅忌」の報道?
あれ!ともう一度ネットを見なおしたら、2007年の1月21日のネット報道でした。

鶴岡まちなかキネマで映画鑑賞。
勘違いで、「寒梅忌」の予定削除、その分、この日は2本立て。
遠藤周作、狐狸庵先生の小説「沈黙」の映画化したものと、阿部寛さんと天海祐希さんの組み合わせの「恋妻家宮本」。




映画「沈黙」は、本も重かったけれど、映画ではもっともっと重く感じた。
中身は江戸時代の「切支丹弾圧」。
歴史では学んだけれど、その使命感、覚悟、挫折が筆舌しがたく描かれていた。

「恋妻家宮本」は、笑いと涙でした。こっちは楽しめました。



  


Posted by bin at 06:28Comments(2)映画