2007年12月10日

敬天愛人



鶴岡市役所前にある、南洲書「敬天愛人」。
庄内と、西郷さんの関わりは、以前書きましたが、
「敬天愛人」は、晩年好んで書いた。

前回upした、稲盛和夫氏の「人生の王道」は、
薩摩の「西郷さん」の言動、考えをベースに書いています。
稲盛氏も鹿児島出身で、「西郷さん」の生き方に共感し、
会社、京セラ(現KDDIの社是に「敬天愛人」を掲げています。


「敬天愛人」
天を敬い、人を愛する。
天を敬うとは、自然の道理、人間としての正しい道、
すなわち天道をもって善しとせよ、つまり、
「人間として正しいことを貫く」こと。
人を愛するとは、己の欲や私心をなくし、
人を思いやる「利他」の心をもって生きるべしという教えを説いている。

解説文