2006年10月09日

県内の山も昨日は大荒れ

穂高や白馬で遭難騒ぎがありました。
この時期にしては、強烈な冬型の気圧配置。しかも寒気が。

今朝、大朝日に登る途中、昨日登ったパーティの下山とすれ違い。
10組くらい会話をしました。
昨日は、「朝日」も地獄だったとのこと。
みぞれ混じりの、顔をたたきつけるような雨。
地面にへばりつくようにして登った。
涙がちょちょ切れた・・・・。悲惨な声ばかり。
中には「お祭りだった」というユニークな女性も。
今日も実際ガスっていて決していいコンディションではないけど、
口々に「今日はいいですね」と言っていた。
よほど切ない思いをしたみたいでした。

飯豊、中止して正解でした。
画像は、今日のガスった「大朝日岳」
  


Posted by bin at 20:07Comments(1)飯豊・朝日連峰

2006年10月09日

梅花皮小屋近くに熊さん

今回断念した飯豊山の情報で、私がいつも会いたくないといっている
「クマ」さん、いや熊さんが梅花皮小屋近くに出没。
ネット画像に上げられている。
この小屋は飯豊の中心で、今回も通過する予定だった。

熊の画像は私の「お気に入り:飯豊朝日連峰の登山者情報」にあります。
http://www.ic-net.or.jp/home/iide/

下の画像は今年の8月の梅花皮小屋
  


Posted by bin at 20:00Comments(1)飯豊・朝日連峰

2006年10月09日

ワンチャンス、紅葉の最盛期

この連休は、海、山で遭難が相次ぎました。
今回予定していた飯豊もたぶん雪かみぞれ。
それに風が加わって大荒れ状態だったかと思います。

「このまま今年の紅葉をあきらめたくない」という思いで、
飯豊の代案、いろいろ考えました。
飯豊よりアクセスの良い、朝日連峰か鳥海山を予定。
初冠雪の鳥海山か、朝日大鳥池の紅葉か。
最終的に、行きなれた朝日古寺コース。
紅葉と新雪のコラボに期待することにしました。


2006.10.24 大朝日岳から飯豊連峰と祝瓶山  


Posted by bin at 04:00Comments(0)飯豊・朝日連峰