2015年12月13日

鳥海山、通勤途中

昨日の朝の鳥海山、通勤の道順を変えて撮りました。
朝日に染まった風景が何とも言えませんでした。
画像表現に限界。やっぱり生(ナマ)がいい。


朝焼け(日の出前)

  


Posted by bin at 10:40Comments(0)鳥海山

2015年12月10日

雲間からの鳥海山

気圧配置から見るともっと晴れると思っていたけれどイマイチ。
雲間から顔を覗かせた鳥海山。

風景は初冬。
外気は小春。





月山の方向は晴れ。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年12月03日

くっきり鳥海山

昨日の朝。
気持ちのいい眺め。
鳥海山、くっきり。
朝からスッキリ。

いい1日のスタートでした。







山はすっかり「冬山」になりました。
  


Posted by bin at 06:28Comments(4)鳥海山

2015年10月01日

鳥海山「初冠雪」

さわやかな朝の鳥海山。
「初冠雪」。
この冷え込みで頂上に雪が。
平年よりちょっと早いかな?

いい1日になりそうです。



  


Posted by bin at 06:55Comments(3)鳥海山

2015年09月26日

御朱印「鳥海山大物忌神社」

今回の鳥海山登山4つ目の目的。

先日の「お伊勢さん参り」で更新してきた「御朱印帳」。
伊勢神宮「内宮」「外宮」の次のページに、「鳥海山山頂」印を押してもらうこと。

残念ながら、頂上神社はシーズンが終わり閉鎖。
神職の方も下山してしまっていて、「御朱印」いただけませんでした。

下山してから、吹浦の「大物忌神社」に参拝。



頂上で参拝してきた旨を伝え、印をいただけないか相談。
「印は山頂に置いてある」とのこと。

ごもっとも。

鳥海登山の4つめの目的は達成できませんでした。


「鳥海大物忌神社」の御朱印をいただきました。



ちなみに前の「御朱印帳」は、伊勢神宮のあと鳥海山山頂神社「御朱印」3連チャン。


  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年09月24日

鳥海山「御来光」

『御来光』



鳥海山山頂小屋泊まり。
2日目。
4:20のアラームで目ざめ。
昨晩早く寝たために、夜中にも何度か目が覚めた。

シュラフから抜け出し、外に出る。
満天の星空。
冬の星座オリオンも南の方角に輝いている。

御来光は新山でなく七高山ピークの予定。
ご来光を拝んだ後、伏拝岳に回る予定でいたけれど、
天気もいいし、のんびり行こうと、千蛇谷を下るコースに変更。
ということで荷物の整理は御来光のあとに。
アラームを4:40にセットし直しして二度寝(15分ほど)。


日の出の予定時間は5:24。

七高山到着5:10。
日の出前の七高山






時間まで若干の余裕。
雲海の上に東北の山々が顔を出している。

日の出の瞬間



影鳥海


新山と影鳥海



モルゲンロート(朝焼け)


雲海


いい1日のスタートを迎えられました。
  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年09月23日

鳥海山の夕日

鳥海山.
今回の小屋泊りの目的の1つ。
夕日鑑賞。
日帰り登山では山頂での夕日鑑賞は難しい。

千蛇谷を登っている時はガスが立ち込めていたが、
山頂神社についた時はすっかり晴れ。
小屋に荷物をおいて新山へ。
頂上着17:00。


七高山側に「影鳥海」



日没予定時刻は17:24だけれど日本海に沈む前に雲が。
予定より早い。







酒田市夕景


空に、お月さん。
小屋泊まりでないと、この時間まで新山にはいられない。




  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2015年09月07日

鳥海ツーデーマーチ

山に行くにはイマイチの天気。
午後には雨になりそう。

遊佐町の「鳥海ツーデーマーチ」2日目の山コース30kmコースに「当日登録」。
朝6時受付。7時出発式、ストレッチ体操のあと7時10分スタート。
参加者のゼッケンを見ると広島、福井、埼玉、北海道など県外からの参加が目立つ。

それにしてもみなさん元気。
70代80代が一番歩き慣れている雰囲気。

前回の参加は2006年、9年前。
今回のゴール1時過ぎ、前回より1時間余計にかかりました。
45,560歩。
持久力、瞬発力どちらも「加齢現象」。

スタート風景



途中風景


胴腹の滝


白井自然館
味噌汁サービス






完歩証をいただきました。


毎度、山登りより疲れる。  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2015年06月09日

鳥海湖

6月下旬でも氷が溶けない年もあるけれど、今年は早い?
部分的に水面が出て、氷にもクラックが。







もう1ヶ月経てば、周辺は黄色いニッコウキスゲで賑やかに。
  


Posted by bin at 06:27Comments(0)鳥海山

2015年06月03日

ボランティア?

鳥海山の雪、雪解けが早い印象だったけれど、
大平コースは「平年」かな?

雪は平年並みに残っている。

夏道と夏道の間に横たわる雪。
晴れていれば問題ないが、ガスるとやっかい。
ルートがわからない(雪渓から夏道への入り口が探せない)。

その時に頼りになるのが旗ザオ(もともとは雪山用)。


今回、雪解けとともに、みんな倒れていました。


時間・体力に余裕があったので、全部刺し直し。
20本くらい。


  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2015年06月01日

鳥海山「笙ケ岳」

鳥海山「笙ケ岳」三角点ピーク。


「午後から晴れる」という予報を前提に行動開始。
鳥海山、笙ケ岳からの新山の眺めを想定して。

天気のことを考え、意識的に午後からの登山。
麓からの鳥海山(方向)



登山口に向かう途中は濃霧。
駐車場到着、1台もなし。


それでもいづれ晴れると信じて登山開始。
登山口



結果は、最初から最後までガス。
どの風景を撮っても同じ画像。
写っているのはガスばかり。

途中の風景
展望台

笙ケ岳分岐


途中2秒ほどの晴れ間


一瞬、「鍋森」も出かけたけれど、この程度



寒くてゆっくりできないし。
汗もかかないので水分も不要。

山を見ながら食べる予定だったカップ麺とコーヒーも、「風景無し」で。
風景がないと満足度も35%。




マイナス側に寄った「想定内」でした。
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2015年05月02日

庄内各地の鳥海山

「晴れ」が続く庄内。

鳥海山の雪も日に日に解けて、面積が狭くなってくる。








  


Posted by bin at 06:28Comments(4)鳥海山

2015年04月06日

春の鳥海山

土曜日の午後、この時期ならではの風景。

日曜日が、この陽気だったら、鳥海山頂上に立っていたかも。
1日のズレで雨。
とっても残念。












  


Posted by bin at 06:28Comments(8)鳥海山

2015年03月01日

鳥海山が一番よく見える場所

先日、知人との会話で、「鳥海山が一番よく見えるところ知ってる?」と。
答えがいっぱいありすぎて答えられませんでした。

教えてもらった答え。
旧八幡町。
「出羽富士眺望の地」




今回は下見。
条件のいい日に出直し。  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2015年02月22日

もう春?

仕事をしている最中、外から帰ってきた人が教えてくれました。
「今日の鳥海山すごくきれい」と。

昼休み、パソコンの「壁紙用」にと写真を撮りに。

例年の「3月」の風景でした。

もう春?




  


Posted by bin at 06:27Comments(2)鳥海山

2014年10月14日

救助ヘリ

朝、鳥海山の8合目付近を下山中、ヘリが上空を飛びぬけていきました。
何かしゃべっているけれど爆音で聞き取れない。
また戻ってきて、何度も鳥海山外輪を中心に飛んでいました。

山形県警の救助ヘリでした。
言っている内容が聞き取れるように。

 遊佐町のタカハシリュウゾウさん
 動かないで救助を待って
 帽子•タオル降って合図を
 枝をゆすったり、煙をだしたり・・・・
 動けるようであれば見えるところに移動して、動かないで・・・

入れ替わりに、山形県消防防災航空隊のへりが飛んできました。
一日中、鳥海山域を捜索していました。

帰宅後、ニュースで詳細を知りました。
午後5時で今日の捜索打ち切り。まだ見つかっていないようでした。







  


Posted by bin at 06:28Comments(0)鳥海山

2014年10月04日

鳥海山「百宅口」

佐藤要さんの「山歩きの雑記帳」を読んでいて、
久しぶりに鳥海山「百宅口」から、[岩熊くん]に会いに行きたくなりました。
でも、庄内から見ると鳥海山の真後ろ。
登山口まで鳥海山のふもとを、3/4周しなければならない。
行きたいと思いつつ、アプローチの長さを考えると、二の足を踏んでしまう。
前回の記録を見ると登山口まで2時間半、飯豊山までと同じ時間がかかる。
とても遠い。

少し前、通行止めの情報をきいていたので、念のために、
由利本荘市の鳥海総合支所に電話で確認。

回答は、「今、通行止め」、「年内いっぱいかかる」と。
「車を止められるところから、登山口までの距離は?」との質問には「10kmほど」との答え。
歩けない距離ではないが、下った後の10kmの歩きはは気持ち的に持たない。
しかもそのあと2時間半の運転はつらい。

断念。修復が完了する来年まで延期。



唐獅子平の「岩熊くん(私が勝手に呼んでます)」の画像。
2011.9.26




かつての投稿「鳥海山百宅コース」
http://kimama.n-da.jp/e289222.html  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2014年09月08日

鳥海山

昨日、鳥海山、滝の小屋コース。
秋の鳥海を満喫。

昨晩、画像の整理ができず、とりあえずの1枚。

山頂、大物忌神社前の広場での休憩。
定番のカップラーメン。


いい山旅でした。
正式アップは後日。  


Posted by bin at 06:28Comments(4)鳥海山

2014年08月14日

朝焼け

朝焼け。
一日のスタート。



当初、鳥海山の頂上でこの朝日を拝む予定でした。


盆期間中、一番天気がいいのは13日みたい。
ということで、「鳥海山」を計画。
滝の小屋から登って、七高山で「御来光」、御浜・千畳ケ原の周回コース。

深夜、雨の音。
この時点で、頂上での「御来光」は断念。
もう一度、寝直し。

4時、自宅を出るときは星空。
でも、鳥海山の方向は厚い雲に。
登山口に向かう途中はガス。
鶴間池の上で、一瞬、ガスが晴れて「日の出」(トップ画像)。
頂上でこの瞬間を迎える予定だったが、頂上もたぶんガスだったと思う。
  


Posted by bin at 06:28Comments(2)鳥海山

2014年07月22日

別冊「山歩きの雑記帳」

「山歩きの雑記帳を編集・発行している佐藤要さんから、「別冊」のご案内をいただきました。
5月中をめざしてがんばっていたものが、ようやく完成。
初心者にもベテランにも新しい「鳥海山」の魅力を伝えたいとのこと。
定価1,080円(1,000円+税)

とりあえず3冊お願いしました。
最近山に登るようになった知人に配ります。
キチットした登山をする参考になりそう。


  


Posted by bin at 06:27Comments(0)鳥海山