2016年10月06日

「小泉武夫」先生講演会

5日、山形市の文翔館講堂で東京農業大学名誉教授「小泉武夫」氏の講演会。
「和食を食べて健康に」が演題。

日本経済新聞のコラム「食あれば楽あり」の掲載や発酵などに関する書籍の執筆がいっぱい。



一昨年ユネスコの世界遺産に「日本食」が登録されたが、「日本食」を正しく理解している人は少ない。

日本人の食事が、和食から洋食に大きく変化。
それに伴い、日本人の病気が、脳卒中、高血圧、大腸がんから、
肺がん、乳がん、肝臓がん、膵臓がん、痛風などに変化。
長寿県だった沖縄県がベスト20にも入っていない。
肉の缶詰「ランチョンミート」が食生活を乱していると。
特に若い人の健康管理に警鐘を鳴らしている。
肉を食べて悪いのではなく、野菜も一緒に摂る。
味噌汁、納豆などの発酵食品を加える。

校内暴力が増え続けるのは、ミネラル不足で、興奮ホルモン[アドレナリン]が多すぎるとの見解。
食物繊維は消化されずに体外に排出、その時不要物質も一緒に外へ。

ドレッシング、マヨネーズ、唐揚げなど油の摂取が多い。
野菜はもっともっといっぱい食べなければならない。
「すき焼き」は、肉料理ではなく、「理想的な日本食」。
等々・・・・

真面目な部分と「笑い」を呼ぶ部分が適当に組み合わされて、楽しい90分でした。





  


2016年08月05日

山形のだし「秘密のケンミンshow」

お出かけ中です。
TVで、「秘密のケンミンshow」。
夏バテ気味の胃袋に優しい山形グルメ「だし」登場!
山形の家庭料理が、全国ブランドとして知れ渡りました。
夏にはなくてはならない「風物詩」に。

ホテルに着いたのが9時半。
「山形のだし」の紹介終わっていました。
ウチのデッキでは録画になっているはずだけれど。

とりあえずパソコンを開いて、
「秘密のケンミンshow」と「見逃し」をキーワードに検索。

「無料見逃し配信中」がヒット。





出演している全員が「おいしい」の連発でした。  


2016年07月09日

鶴岡「コフィア」さんで

鶴岡市駅前「コフィア」さん。
時間があれば立ち寄る。
店内で販売している本入手してきました。

半年前、「コーヒーの鬼がゆく」


この前、「苦味礼賛」


コーヒーの「自家焙煎」のこだわりがしっかり伝わってきました。  


2016年06月27日

庄内小僧7月号

「庄内小僧」7月号は、夏ラーメンの特集。
クーポン付き。


おなじみのお店、どこも美味しそう。

7/16、庄内町に新店誕生、「中華そば家 高橋」さん。
開店3日間は、700円麺類普通盛を500円。
行ってみようと思う。

「社長が選ぶ3杯」にある、鶴岡「自家製麺千石や」さんの醤油ラーメンも行ってみたい。  


2016年05月12日

崩落

まさかの風景。
経ヶ蔵山に出かけたときの風景。

駐車場から先、通行止め。
人も通れない。


路肩に出て通過。
「十二滝神社」を通過して数十メートル。


唖然とする風景。




帰り道、ていねいに見たらさらにすごい。




朝は何とも思わず、崩れた岩を渡り抜けたけれど、 
大規模な崩落の再発を否定できない状況でした。

岩が転げ落ちたと言うより、山自体がザクッと切り落ちている。


  


2016年04月16日

ShonaiKozo

庄内小僧4月号。
春らあ麺。

行ったことのないお店もいろいろ。
今、行きたい店をピックアップ中。


  


2015年12月05日

ラーメンWalker山形

ラーメンWalker山形2016。
山形県内のラーメン屋さん124件の紹介。


しっかりマーキング。



解説、ていねい。
わかりやすい。  


2015年11月15日

やまがた健康フェア2015

山形ビッグウィング。
「やまがた健康フェア2015」。
11/14~15の2日間。




映画「在来作物で味覚のレッスン!」上映会とトークショー。
渡辺智史監督の解説付き。

会場は、超賑わい。
健康に関しては、みんな気にしている証拠かな?  


2015年10月17日

兼古哲也企画展

庄内空港3階、イベントコーナー。
庄内町の兼古哲也さんの企画展。
月山のおくりもの。
ジオパーク構想の紹介。
今月末30日まで。






朝1便の搭乗でちょっとバタバタでした。  


2015年10月05日

庄内町秋まつり

昨日と打って変わって青空。
庄内町秋まつり。



実りの秋をみんなで味わう。


原田町長のあいさつ



南三陸町からも海産物中心にいっぱい
サンマ焼き、限定500匹


恒例の岩魚焼き、5匹買いました。

  


2015年08月29日

トムヤムクン

コンビニで買った来ました。
世界3大スープ、タイのトムヤムクン。
ヌードルとリゾット。

ヌードルは体験済み。
美味しかった。
今回は、リゾットの食味。


  


2015年08月01日

セブンカフェキャンペーン



セブンイレブンコーヒー「セブンカフェ」、昨日でキャンペーン終了。
「ナナコカード」で、コーヒー5杯で1杯プレゼント。
LサイズもRサイズも1杯は1杯。
1ヶ月で8杯分たまりました。
8枚×5杯×150円=6,000円

交換は7日まで。
  


2015年07月28日

鳥海山火山防災講演会

2015/07/26酒田市公益研修センターで、「鳥海山火山防災講演会」。
参加には事前申し込みが必要だったけど、気づいたのが前夜のネットで。

受付で、申し出て、「全然問題なし」でした。

タイトル
「鳥海山は今、どのような状況なのか」
~これまでの噴火を振り返りながら火山防災を考える~

今、全国にある活火山110ケ所、山形県3ケ所。
鳥海山、蔵王山、吾妻山。

講師 山形大学理学部地球環境学科教授 伴 雅雄氏

今の鳥海山は?
こたえ
「今は全く異常はありません。ただ、火山なのでいつ何が起きるかわからない」
とのこと。

鳥海山の成り立ち、いい勉強になりました。
鳥海山は60万歳の大成層火山。
成長と崩壊の繰り返し。
大規模な山体崩壊(千畳が原、千蛇谷)・・・・・



  


2015年07月27日

梅雨明け


(土門拳記念館)

ここ庄内町が位置する南東北、平年より1日遅く梅雨明け。
梅雨入りした日と、他に2回ほど雨が降っただけの完全な「カラ梅雨」でした。
梅雨明け間際のバケツをひっくり返したような土砂降りもない。

雪のない厳冬期と言い、雨のない梅雨と言い、超々異常な今年の天候。


日曜日、午前中は庭の草取り、ほとんど熱中症。
山は暑くても風があって生き返るけれど、草取り中は「無風」。

午後、酒田市の公益文科大で「鳥海山火山防災講演会」聴講。

終わって、向いの「土門拳記念館」へ。


7/15~9/28 戦後70年特別企画「土門拳が視た昭和」




シオカラトンボ



  


2015年06月27日

庄内町合併10周年記念式典参加

早くも10年たったんですね。

10年前の7月、旧余目町と旧立川町が合併。
その記念式典が、庄内町「響ホール」で行われました。



原田眞樹町長挨拶


友好町、南三陸町「佐藤仁町長」
「震災復興の今」を語っていただきました。


記念公演「南三陸町歌津魚竜太鼓」演奏

  


2015年03月28日

山歩きの雑記帳No.25

佐藤要氏の「山歩きの雑記帳No.25」が届きました。鳥海南麓「鳳来山」、秋田県側鳥海山麓「桑の木湿原」。
年度末、時間に追われているのに読み入ってしまいました。


  


2015年02月06日

志田忠儀さん

東京浜松町の本屋さん。

飛行機の時間を見ながらここで時間調整。

面白そうな本がないか物色。
そろそろ帰ろうかと思ったとき、
「志田忠儀」さんの名前が飛び込んできました。
「えっ、ひょっとして」とその本を手に取ってみたら、
やっぱり西川町大井沢の志田さんでした。
今、92歳。

志田さんが大井沢の自然博物館館長をやっていた当時、
年末年始の朝日、6人パーティで日暮沢・竜門小屋↔大朝日を計画。
志田さんにご挨拶。
その時だったかマタギの話をお聞きした記憶がよみがえりました。
遠い遠い過去の思い出。

それにしても、92歳でご存命というのはうれしいこと。
しかも本を出版するなんてすごい。






本を読んでいて、朝日連峰の情景が浮かんできました。  


2015年02月02日

トムヤムクンヌードル

セブンイレブンさんで買ってきました。

タイの「トムヤムクン」バージョン。
日清トムヤムクンヌードル。

売れているようです。
日曜日食べるつもりで買ってきましたが、まだ食べてません。

とりあえずupしておきます。



  


2015年01月08日

新春を祝う会

昨日、庄内町の「響ホール」で、
平成26年度庄内町総合表彰式と平成27年庄内町新春を祝う会が開催。
町民自由参加なので、吹雪の中、行ってきました。

開会の後、原田町長からの式辞がありました。
①昨年を振り返って
②住民アンケート調査をから
③これからの特色あるまちづくり
④今年のやるべきこと

その後、昨年、各界で貢献された方々の表彰が行われました。





原田眞樹町長

  


2015年01月03日

グレートトラバース

NHK‐BSプレミアム。
以前、録画しておいたグレートトラバース「日本100名山一筆書き」。
最終回、まだ見てなかった(正月休みに見るつもりで)。


最後は北海道「利尻岳1,721m」。


ゴール直前、8.5合目利尻岳山小屋」での決断。
「風が怖いんで帰ります。」
あと1kmでの撤退。
「寒波の襲来=冬山」というタイムリミットのある中の決断。
現場に居合わせたら、選択肢はそれしかなかったんだろうけど。
結果的にいい判断。
その慎重さが成功の源?

翌日のリトライで無事ゴール。
感動でした。




鳥海山


月山